【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1505mm/ホイールベース=2300mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、13.4kgm/4250rpm)/価格=289.0万円(テスト車=同じ)

フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】

ゆるさがステキ! 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
……289.0万円
「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。

ちょっと熟して良くなった

先日、某クルマ雑誌で熟女呼ばわりされたスーザン史子です。まだドモホルンリンクルにも手ぇ出してないアラサーだっつーに、熟女なんてドイヒーですっ!!

で、10月3日に発売となったばかりの「フィアット500C」の試乗レポートということなんですが、その前にベースとなる「フィアット500」のお話を。2007年に登場したばかりのクルマを試乗した際には、イマイチ安定感がなくて、60km/h程度でコーナーを通過するのも怖かった記憶が。
ところが、その後登場した1.4リッターモデルや、今回の500Cに試乗してみると、高速道路での走行もとっても安定しているんですよ。「ひょっとして知らぬ間に改良が行われたのでは……?」と、広報に問い合わせてみたところ、「特に改良は行っていない」との答え。でも、断然良くなってる。

やっぱりイタリア車だからなぁ〜。日本人って、大量生産製品なら品質が均質でアタリマエ、だと思っちゃいますよね。でも、イタリア車の場合、初期ロットの完成度には、いまだにバラツキがあるんでしょう。私が2年前に乗った出たての500は、たまたまヴァージンで、クルマとして成熟してなかっただけなのかも。でも、あれから2年も経ってるんで、もう大丈夫です。クルマも女もちょっと熟したぐらいがいいってことなんですよ。えっ、私ですかぁ!? まだまだヒヨッコですぅ。

 
フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】の画像
 
フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る