【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1505mm/ホイールベース=2300mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、13.4kgm/4250rpm)/価格=289.0万円(テスト車=同じ)

フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】

ゆるさがステキ! 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
……289.0万円
「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。

ちょっと熟して良くなった

先日、某クルマ雑誌で熟女呼ばわりされたスーザン史子です。まだドモホルンリンクルにも手ぇ出してないアラサーだっつーに、熟女なんてドイヒーですっ!!

で、10月3日に発売となったばかりの「フィアット500C」の試乗レポートということなんですが、その前にベースとなる「フィアット500」のお話を。2007年に登場したばかりのクルマを試乗した際には、イマイチ安定感がなくて、60km/h程度でコーナーを通過するのも怖かった記憶が。
ところが、その後登場した1.4リッターモデルや、今回の500Cに試乗してみると、高速道路での走行もとっても安定しているんですよ。「ひょっとして知らぬ間に改良が行われたのでは……?」と、広報に問い合わせてみたところ、「特に改良は行っていない」との答え。でも、断然良くなってる。

やっぱりイタリア車だからなぁ〜。日本人って、大量生産製品なら品質が均質でアタリマエ、だと思っちゃいますよね。でも、イタリア車の場合、初期ロットの完成度には、いまだにバラツキがあるんでしょう。私が2年前に乗った出たての500は、たまたまヴァージンで、クルマとして成熟してなかっただけなのかも。でも、あれから2年も経ってるんで、もう大丈夫です。クルマも女もちょっと熟したぐらいがいいってことなんですよ。えっ、私ですかぁ!? まだまだヒヨッコですぅ。

 
フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】の画像
 
フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る