歴史的コラボ復活! シトロエン×エッフェル塔のスペクタクル

2009.10.15 自動車ニュース
「シトロエンC3」とエッフェル塔イルミネーション。(イメージ画像)
歴史的コラボ復活! シトロエン×エッフェル塔のスペクタクル

歴史的コラボ復活! シトロエン×エッフェル塔のスペクタクル

PSAプジョー・シトロエングループは、2009年10月22日からパリ・エッフェル塔のイルミネーションをウェブ中継する。

1925-34年、エッフェル塔の有名な電飾。
歴史的コラボ復活! シトロエン×エッフェル塔のスペクタクル

この企画は、今年2009年はシトロエンの自動車製造開始90周年と、エッフェル塔完成120年にあたることにちなんだものである。

2009年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたばかりの、2代目「C3」をエッフェル塔周辺に10台配置。各車内に取り付けたウェブカメラからエッフェル塔の記念イルミネーションを撮影し、ウェブ上でライブ中継する。映像サイズは9:16。新型C3のセールスポイントで、ルーフ部まで広くまわりこんだ「ゼニス(天頂)ウィンドウ」を通して見る映像であることがポイントだ。

事前に公表されたイメージ映像をみるかぎり、エッフェル塔のイルミネーションは、2008年パリサロンで公開されたコンセプトカー「Hypnos」をイメージさせるカラーリングだ。

ライブ中継されるのは、http://www.citroen.fr/http://www.toureiffel.citroen.com
第1回目の中継は10月22日。現地時間21時 (日本時間10月23日午前3時)に行われる。イルミネーションの点灯時間は12分。シトロエンによると、今後3カ月続けるとのこと。

歴史を紐解くと、シトロエンは1925年から1934年にかけて、エッフェル塔に社名とシンボルマークをあしらった電飾広告を掲げた。飛行家C.リンドバーグが1927年に大西洋単独無着陸飛行で上空から見たエッフェル塔にも、“CITROEN”の文字が輝いていたことになる。

そのほかにも、シトロエン創業者であるアンドレ・シトロエン(1878-1935)は、“CITROEN”の文字を曲芸飛行機でパリ上空に描いたりするなど、奇抜な宣伝作戦で知られていた。

したがって、今回のシトロエンとエッフェル塔の「コラボレーション」は、実に約75年ぶりのものとなる。

(文=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA/写真=CITROEN)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る