「トヨタ・ラクティス」、エコカー減税対象グレードを拡大

2009.10.15 自動車ニュース
ラクティスG “Lパッケージ” (1.5リッター)
「トヨタ・ラクティス」、エコカー減税対象を拡大

「トヨタ・ラクティス」、エコカー減税対象グレードを拡大

トヨタ自動車は「ラクティス」の1.5リッターエンジン搭載車に改良を施し、2009年10月19日に発売する。

ラクティス ウェルキャブ X “Lパッケージ” フレンドマチック車 “タイプII” 〈オプション装着車〉
「トヨタ・ラクティス」、エコカー減税対象グレードを拡大

今回、1.5リッターモデルのエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良することで、10・15モード燃費が18.6km/リッター(従来比+0.6km/リッター)に向上した。
これにより、1.5リッターモデルも1.3リッターモデル同様、エコカー減税(50%)の対象となった。

価格は142.8万円から193.2万円で、変更はない。

また、「ラクティス」をベースとする福祉車両「ウェルキャブ」シリーズの1.5リッターモデルにも同様の改良が施された。同時に、手でアクセルやブレーキ操作が可能な「フレンドマチック車」および「フレンドマチック取付用専用車」には、車いすを屋根の上のケースに電動格納できる「ウェルキャリー」が新採用された。
「ウェルキャブシリーズ」は改造車となるが、こちらも1.3リッター車の一部仕様および1.5リッター車(FF)には、エコカー減税(50%)が適用される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ラクティストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRMN:その走りに期待せよ! 2017.10.27 自動車ニュース 見て楽しむのがモーターショー。とはいえ、クルマはやはり乗って楽しむものである。最初から「これは、売らないナ」と、ピンとくるようでは興ざめだ。そこでコレ。フリーライター鈴木真人のイチ押しは「トヨタ・ヴィッツGRMN」である。
  • レクサス(その2) 2017.10.27 画像・写真 フラッグシップセダンの新型「LS」や、新世代プラットフォームが初採用されたラージサイズのクーペ「LC」、SUV製品群の「LX」「NX」……。東京モーターショーの会場より、今日のレクサスを支える最新ラインナップを紹介する。
  • コンパニオン名鑑13 2017.10.27 画像・写真 2017年10月25日のプレスデーで幕を開けた第45回東京モーターショー。コンパニオン名鑑では、各ブースでクルマを引き立てる彼女たちの姿を写真で紹介する。東ホールのパイオニアブースから。
  • レクサス(その1) 2017.10.27 画像・写真
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記