【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)/価格=295.0万円(テスト車=同じ)

アバルト500(FF/5MT)【試乗記】

気分はイタリア〜ノ 2009.10.15 試乗記 アバルト500(FF/5MT)
……295.0万円


復活なった「アバルト500」に試乗した熊倉重春は、そのあまりの走りやすさに複雑な気持ちを抱くのだった。

アバルト復活のワケ

イタリアのミニミニ・ダイナマイトが爆裂的に復活! チビっ子なのに強心臓で足腰のバネも抜群、気取ったスポーツカーなんぞ簡単にやっつける痛快ホットハッチが、新発売の「アバルト500」。やたら大排気量の高出力や大きすぎるサイズに食傷気味の昨今、スポーツ大好きエンスーが待ち望んだ清涼剤だ。ここには、オーソドックスなドライビング(いや、クルマとのスパーリングかな)に取り組む楽しさと喜びが充満している。

それはそれとして、乗ってキャアキャア舞い上がる前にちょっと復習。レース魂の伝道者カール・アバルト(これまでカルロと呼ばれることが多かったが、オーストリア出身なので)が、フィアットなど小型の大衆車を徹底的にチューンしたり、そのエンジンを独自のチャーミングなボディに載せたりしてマニアを熱狂させたのが50〜60年代のこと。そのイメージがあまりにも強烈だったので、その後もフィアットのスポーティ系にはアバルトの名前が付けられたり、有名なサソリのバッジが飾られたりしてきた。特に日本では、みんなバッジだけで大喜びしたものだ。

そんなアバルトの名がふたたび脚光を浴びることになったのは、最近ヨーロッパで大流行のレトロ路線がきっかけ。これに乗ったフィアットも往年の人気者ヌオヴァ・チンクエチェント(フィアット自身は2代目と言っているが正確には3代目)のカバーバージョンとして今の「500」(つまり5代目)を出したら大当たり、すっかり若者のアイドルになってしまった。そこで「それなら、これをベースにアバルト仕様も作っちゃおう。ついでにアバルトの名前も独立したブランドにしよう」となって生まれたのが、このアバルト500だ。

真っ白でさわやかなフィアット500の室内に比べ、アバルトは黒基調でハードな印象。
真っ白でさわやかなフィアット500の室内に比べ、アバルトは黒基調でハードな印象。
フロントは、シート表面が赤いヘッドレスト一体型のレザースポーツシート。
フロントは、シート表面が赤いヘッドレスト一体型のレザースポーツシート。
 
アバルト500(FF/5MT)【試乗記】の画像
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る