【スペック】全長×全幅×全高=3655×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(135ps/5500rpm、21.0kgm/3000rpm)/価格=295.0万円(テスト車=同じ)

アバルト500(FF/5MT)【試乗記】

気分はイタリア〜ノ 2009.10.15 試乗記 アバルト500(FF/5MT)
……295.0万円


復活なった「アバルト500」に試乗した熊倉重春は、そのあまりの走りやすさに複雑な気持ちを抱くのだった。

アバルト復活のワケ

イタリアのミニミニ・ダイナマイトが爆裂的に復活! チビっ子なのに強心臓で足腰のバネも抜群、気取ったスポーツカーなんぞ簡単にやっつける痛快ホットハッチが、新発売の「アバルト500」。やたら大排気量の高出力や大きすぎるサイズに食傷気味の昨今、スポーツ大好きエンスーが待ち望んだ清涼剤だ。ここには、オーソドックスなドライビング(いや、クルマとのスパーリングかな)に取り組む楽しさと喜びが充満している。

それはそれとして、乗ってキャアキャア舞い上がる前にちょっと復習。レース魂の伝道者カール・アバルト(これまでカルロと呼ばれることが多かったが、オーストリア出身なので)が、フィアットなど小型の大衆車を徹底的にチューンしたり、そのエンジンを独自のチャーミングなボディに載せたりしてマニアを熱狂させたのが50〜60年代のこと。そのイメージがあまりにも強烈だったので、その後もフィアットのスポーティ系にはアバルトの名前が付けられたり、有名なサソリのバッジが飾られたりしてきた。特に日本では、みんなバッジだけで大喜びしたものだ。

そんなアバルトの名がふたたび脚光を浴びることになったのは、最近ヨーロッパで大流行のレトロ路線がきっかけ。これに乗ったフィアットも往年の人気者ヌオヴァ・チンクエチェント(フィアット自身は2代目と言っているが正確には3代目)のカバーバージョンとして今の「500」(つまり5代目)を出したら大当たり、すっかり若者のアイドルになってしまった。そこで「それなら、これをベースにアバルト仕様も作っちゃおう。ついでにアバルトの名前も独立したブランドにしよう」となって生まれたのが、このアバルト500だ。

真っ白でさわやかなフィアット500の室内に比べ、アバルトは黒基調でハードな印象。
アバルト500(FF/5MT)【短評】
フロントは、シート表面が赤いヘッドレスト一体型のレザースポーツシート。
アバルト500(FF/5MT)【短評】
 
アバルト500(FF/5MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る