「MINI John Cooper Works」全車にATモデル追加

2012.10.23 自動車ニュース
 
「MINI John Cooper Works」全車にATモデルを追加

「MINI John Cooper Works」全車にAT搭載モデルを追加

BMWジャパンは2012年10月23日、「MINI John Cooper Works(ジョンクーパーワークス)」の全モデルに、オートマチックトランスミッションを搭載し、発売した。

 
「MINI John Cooper Works」全車にATモデルを追加

1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載するMINIのハイパフォーマンスバージョン「MINI John Cooper Works」の全モデルに、これまでの6段MTに加え、6段ATモデルを追加した。

あわせて、全ラインナップのエンジンにバルブトロニックと高精度ダイレクトインジェクションを採用し、高出力と低燃費を両立させた。最高出力は211ps/6000rpmで最大トルクは26.5kgm/1850-5600rpm。オーバーブースト機能により、最大トルクを2000rpmから5200rpmまでの間で、28.6kgmまで高めることができる。

価格は以下のとおり。

・MINI John Cooper Works(6MT):390万円
・MINI John Cooper Works(6AT):403万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6MT):440万円
・MINI John Cooper Works コンバーチブル(6AT):453万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6MT):417万円
・MINI John Cooper Works クラブマン(6AT):430万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6MT):426万円
・MINI John Cooper Works クーペ(6AT):439万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6MT):451万円
・MINI John Cooper Works ロードスター(6AT):464万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る