【スペック】5.0 V8スーパーチャージド:全長×全幅×全高=4795×1930×1810mm/ホイールベース=2745mm/車重=2580kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー(510ps/6000-6500rpm、63.7kgm/2500-5500rpm)/価格=1104.0万円

ランドローバー・レンジローバースポーツ 5.0 V8(4WD/6AT)/5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)【海外試乗記】

磨かれた実力と魅力 2009.10.13 試乗記 ランドローバー・レンジローバースポーツ 5.0 V8(4WD/6AT)/5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)
……754.0万円/1104.0万円

エンジンを一新するなどのビッグチェンジを受け、よりスポーティに味付けされた「レンジローバースポーツ」。2009年12月の日本正式発売を前に、本国イギリスで先行試乗した。


ニュルブルクリンク、8分49秒

アクセルペダルを踏む右足に力を込めると、最高出力510ps、最大トルク63.7kgmという圧倒的なスペックを誇るV型8気筒5リッター直噴スーパーチャージドユニットは、間髪入れずに図太いトルクを生み出し、軽くはないボディを猛然と加速させる。トルクのツキが良いだけじゃない。このエンジンはその後の伸びも素晴らしく、従来のスーパーチャージャー特有のミーッという音ではない、耳に心地良いサウンドを響かせながら、トップエンドに向かって嬉々として昇りつめる。

コーナーが近づいてきたらブレーキング。慣性のついた重い車体を後ろから鷲掴みするかのように、一気に速度が削られていく。フロントに6ポッドモノブロック対向キャリパーを使ったブレーキシステムは、ブレンボ製である。

ターンインの際のノーズの入りは、まさに思いのまま。ステアリングの切り込みにリニアに向きが変わっていく。過大なロールとは無縁だし、奥が深く曲がり込んでいたとしても更に切り込むだけでクルマがしっかり反応してくれる。挙動のすべてがソリッドだから、その気になれば振り回すような走りだって可能なのだ。

ハイパフォーマーの性能指標であるニュルブルクリンク旧コースでのラップタイムは、8分49秒を記録しているという。このクルマは一体何かと言えば、2010年モデルとしてフェイスリフトを受けた「レンジローバースポーツ 5.0 V8スーパーチャージド」である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る