「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

2009.10.09 自動車ニュース

「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバックモデル「アルファ147」のラインナップを見直し、2009年10月10日に発売する。

今回、アルファのコンパクトハッチ「147」のグレード体系が改められ、従来より1割ほど低い価格設定で扱われることとなった。
1.6リッターモデルはカタログ落ち。オートマモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「セレスピード」搭載の、2リッターモデル3種類でラインナップを構成する。

新たなエントリーグレードは、「147スペチアーレ」。ラインナップ中もっともシンプルなモデルだが、デュアルゾーン式のエアコンやマルチファンクションディスプレイ、さらにはVDCといった装備でアピールする。
価格は従来の同等モデル(314.0万円)より安い290.0万円。セレスピードモデルとして、希望小売価格が300万円を切ったというのもニュースだ。

147スペチアーレの快適・安全装備をアップグレードしたのが、、「147スペチアーレ プレミアム」。シートヒーター付きのレザーシート、キセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャーなどの装備が加わる。こちらは310.0万円。

最上級グレードは「147スペチアーレ スポーツ」。その名のとおり、スポーツサスペンションと17インチホイールを装備し、インテリアもスポーツレザーシートやアルミ製スポーツペダル、専用の黒いルーフライニングといった装備で飾られる。価格は320.0万円。

プレミアムとスポーツでは、日本市場限定のボディカラー「アトランティックブルー」が選べるのもポイントだ。

(webCG 関)

「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」
「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スプリント(FF/6AT)【試乗記】 2014.7.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に試乗。強豪ひしめくCセグメント市場で際立つ、ラテン系ハッチバックの魅力に触れた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)... 2016.2.12 試乗記
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記