「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

2009.10.09 自動車ニュース

「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバックモデル「アルファ147」のラインナップを見直し、2009年10月10日に発売する。

今回、アルファのコンパクトハッチ「147」のグレード体系が改められ、従来より1割ほど低い価格設定で扱われることとなった。
1.6リッターモデルはカタログ落ち。オートマモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「セレスピード」搭載の、2リッターモデル3種類でラインナップを構成する。

新たなエントリーグレードは、「147スペチアーレ」。ラインナップ中もっともシンプルなモデルだが、デュアルゾーン式のエアコンやマルチファンクションディスプレイ、さらにはVDCといった装備でアピールする。
価格は従来の同等モデル(314.0万円)より安い290.0万円。セレスピードモデルとして、希望小売価格が300万円を切ったというのもニュースだ。

147スペチアーレの快適・安全装備をアップグレードしたのが、、「147スペチアーレ プレミアム」。シートヒーター付きのレザーシート、キセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャーなどの装備が加わる。こちらは310.0万円。

最上級グレードは「147スペチアーレ スポーツ」。その名のとおり、スポーツサスペンションと17インチホイールを装備し、インテリアもスポーツレザーシートやアルミ製スポーツペダル、専用の黒いルーフライニングといった装備で飾られる。価格は320.0万円。

プレミアムとスポーツでは、日本市場限定のボディカラー「アトランティックブルー」が選べるのもポイントだ。

(webCG 関)

「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」
「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る