「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

2009.10.09 自動車ニュース

「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバックモデル「アルファ147」のラインナップを見直し、2009年10月10日に発売する。

今回、アルファのコンパクトハッチ「147」のグレード体系が改められ、従来より1割ほど低い価格設定で扱われることとなった。
1.6リッターモデルはカタログ落ち。オートマモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「セレスピード」搭載の、2リッターモデル3種類でラインナップを構成する。

新たなエントリーグレードは、「147スペチアーレ」。ラインナップ中もっともシンプルなモデルだが、デュアルゾーン式のエアコンやマルチファンクションディスプレイ、さらにはVDCといった装備でアピールする。
価格は従来の同等モデル(314.0万円)より安い290.0万円。セレスピードモデルとして、希望小売価格が300万円を切ったというのもニュースだ。

147スペチアーレの快適・安全装備をアップグレードしたのが、、「147スペチアーレ プレミアム」。シートヒーター付きのレザーシート、キセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャーなどの装備が加わる。こちらは310.0万円。

最上級グレードは「147スペチアーレ スポーツ」。その名のとおり、スポーツサスペンションと17インチホイールを装備し、インテリアもスポーツレザーシートやアルミ製スポーツペダル、専用の黒いルーフライニングといった装備で飾られる。価格は320.0万円。

プレミアムとスポーツでは、日本市場限定のボディカラー「アトランティックブルー」が選べるのもポイントだ。

(webCG 関)

「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」
「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」 拡大

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】 2010.8.3 試乗記 アルファ・ロメオ ミト クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
    ……328.0万円

    “ベビー・アルファ”「ミト」に、新型エンジンを搭載する最上級グレードが登場。クローバーのエンブレムに込められた、その実力のほどは?
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る