「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

2009.10.09 自動車ニュース

「アルファ147」シリーズが、お安くなって新登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバックモデル「アルファ147」のラインナップを見直し、2009年10月10日に発売する。

今回、アルファのコンパクトハッチ「147」のグレード体系が改められ、従来より1割ほど低い価格設定で扱われることとなった。
1.6リッターモデルはカタログ落ち。オートマモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「セレスピード」搭載の、2リッターモデル3種類でラインナップを構成する。

新たなエントリーグレードは、「147スペチアーレ」。ラインナップ中もっともシンプルなモデルだが、デュアルゾーン式のエアコンやマルチファンクションディスプレイ、さらにはVDCといった装備でアピールする。
価格は従来の同等モデル(314.0万円)より安い290.0万円。セレスピードモデルとして、希望小売価格が300万円を切ったというのもニュースだ。

147スペチアーレの快適・安全装備をアップグレードしたのが、、「147スペチアーレ プレミアム」。シートヒーター付きのレザーシート、キセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャーなどの装備が加わる。こちらは310.0万円。

最上級グレードは「147スペチアーレ スポーツ」。その名のとおり、スポーツサスペンションと17インチホイールを装備し、インテリアもスポーツレザーシートやアルミ製スポーツペダル、専用の黒いルーフライニングといった装備で飾られる。価格は320.0万円。

プレミアムとスポーツでは、日本市場限定のボディカラー「アトランティックブルー」が選べるのもポイントだ。

(webCG 関)

「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」
「アルファ・ロメオ アルファ147スペチアーレ」

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る