「ランエボX」、内外装を(ちょっと)手直し

2009.10.08 自動車ニュース

「ランエボX」、内外装を(ちょっと)手直し

三菱自動車は、ハイパフォーマンスセダン「ランサーエボリューションX(テン)」の仕様を変更し、2009年10月8日に発売した。

今回、ボディサイドのエアダムを大型化。内装では、各種車両セッティングや走行データを表示するマルチインフォメーションディスプレイを、モノクロからカラーに変更。装備がもっとも簡素な「RS」グレードを除き、エアコンの操作ダイヤルにクロームメッキを施した。

さらに、エンジンのヘッドカバーを樹脂製とし1.5kgの軽量化を実現。いっぽうで、遮音ガラスを採用して静粛性を向上させ(「RS」を除く)、クルーズコントロールや乗降時に明かりをともすウェルカムライトなどの機能を追加するなど快適性、利便性も少し向上させた。

価格は、315万円から507万1500円まで。なお、最上級グレード「GSRプレミアム」の5段MT仕様はカタログから姿を消した。

(webCG 関)

「ランサーエボリューションX」
「ランサーエボリューションX」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.3.18 試乗記 ……449万6100円
    総合評価……★★★★★

    ハイテク装備満載のハイパフォーマンスカー、「三菱ランエボX」。伝統的なMTに追加された、2ペダルMT「TC-SST」仕様車で、その実力を試した。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択NEW 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
ホームへ戻る