「ランエボX」、内外装を(ちょっと)手直し

2009.10.08 自動車ニュース

「ランエボX」、内外装を(ちょっと)手直し

三菱自動車は、ハイパフォーマンスセダン「ランサーエボリューションX(テン)」の仕様を変更し、2009年10月8日に発売した。

今回、ボディサイドのエアダムを大型化。内装では、各種車両セッティングや走行データを表示するマルチインフォメーションディスプレイを、モノクロからカラーに変更。装備がもっとも簡素な「RS」グレードを除き、エアコンの操作ダイヤルにクロームメッキを施した。

さらに、エンジンのヘッドカバーを樹脂製とし1.5kgの軽量化を実現。いっぽうで、遮音ガラスを採用して静粛性を向上させ(「RS」を除く)、クルーズコントロールや乗降時に明かりをともすウェルカムライトなどの機能を追加するなど快適性、利便性も少し向上させた。

価格は、315万円から507万1500円まで。なお、最上級グレード「GSRプレミアム」の5段MT仕様はカタログから姿を消した。

(webCG 関)

「ランサーエボリューションX」
「ランサーエボリューションX」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.3.18 試乗記 ……449万6100円
    総合評価……★★★★★

    ハイテク装備満載のハイパフォーマンスカー、「三菱ランエボX」。伝統的なMTに追加された、2ペダルMT「TC-SST」仕様車で、その実力を試した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • アウディが「RS 3スポーツバック」を大幅改良 2017.6.21 自動車ニュース アウディ ジャパンが大幅改良を受けた「RS 3スポーツバック」の予約受け付けを開始した。動力性能の強化がトピックとなっており、特にエンジンについては最高出力が400psに、最大トルクが480Nmに高められている。価格は767万円。
ホームへ戻る