こちらのEVは市販決定! 「日産リーフ」

日産自動車は、第41回東京モーターショーに新型の電気自動車(EV)「LEAF(リーフ)」を出展する。

今年8月に先行公開されたEV「日産リーフ」は、コンセプトカーではなく、実際2010年に発売予定の新型EVである。

「スマート・フルディティ(賢い流動体)」のコンセプトでデザインされたボディは、5人乗りの5ドアハッチバック。コンパクトなリチウムイオンバッテリーを床下に収納することで、ゆとりある室内空間を実現したという。

フロントにおさまる電気モーターは、80kwと28.5kgmを発生し、前輪を駆動。1回のフル充電で、160km以上の航続を約束する。
販売が予定されるモデルだけあって、現実的な使い勝手も日産のアピールするところ。例えば急速充電器を使えば10分で約50km走行分のエネルギーをチャージでき、実際1日あたりの走行距離が8割がたそれを下回る日本やイギリスで、ユーザーの満足を得られるはずだと胸を張る。
なお、普通の家庭用充電器(200V)を使った場合は、ひと晩約8時間で満充電。ランニングコストは、ガソリン車の20〜30%で済むという。

高度なITシステムも自慢だ。オンボードモニターの地図上に、航続可能なエリアや充電スタンドの位置を表示できるのはもちろん、ドライバーは携帯電話を使ってエアコンを遠隔操作することが可能。自車から離れた状態で、充電状況を知ることもできる。

日産では、各国の政府や地方自治体などとパートナーシップを結ぶなど、リーフをはじめとするEVを世界的に普及させる働きかけにも力を入れているとのこと。

(webCG 関)

「日産リーフ」
「日産リーフ」
コンセントプラグは鼻先に。ダッシュボード上にともるランプを見れば、車外からも充電レベルを確認することができる。
コンセントプラグは鼻先に。ダッシュボード上にともるランプを見れば、車外からも充電レベルを確認することができる。
リーフの運転席まわり。カーナビの画面に航続可能エリアを表示できる。
リーフの運転席まわり。カーナビの画面に航続可能エリアを表示できる。
モバイル端末で充電レベルをチェック。写真のiPhoneだけでなく、各種携帯電話が使える。
モバイル端末で充電レベルをチェック。写真のiPhoneだけでなく、各種携帯電話が使える。
 
こちらのEVは市販決定! 「日産リーフ」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る