新型「日産フーガ」
二代目「日産フーガ」、流麗なボディにハイテク満載

二代目「日産フーガ」、流麗なボディにハイテク満載

日産自動車は、第41回東京モーターショーに高級セダン「フーガ」の新型を出展する。

プレス加工技術が可能な限りの凹凸をつけて、グラマラスなプロポーションに仕立てあげたという、新型「フーガ」のサイドビュー。
二代目「日産フーガ」、流麗なボディにハイテク満載
インテリアの様子。写真の木目調パネルが、手作業で純銀粉を刷り込んだ「銀粉本木目」。
二代目「日産フーガ」、流麗なボディにハイテク満載
 
二代目「日産フーガ」、流麗なボディにハイテク満載

高級セダン「セドリック/グロリア」の後継車たる「フーガ」が、二代目に進化。その新型が東京モーターショーに姿を見せる。

現行モデル同様、質感の高いエクステリアデザインがセリングポイント。ただし、「腰高で幅が狭い」という評価を覆すべく、新型では、全高を下げつつ全幅を拡大。フードの長さとフェンダーラインも強調し、「FRらしい、後輪にしっかりと重心を乗せた、踏ん張り感のあるプロポーション」を表現した。

インテリアもまた、銀粉を刷り込ませた本木目パネルや、柔らかさが自慢のプレミアムセミアニリン本革を採用。テーラーメイドのように感じられる質感を目指したという。プラズマクラスターイオンが空気を浄化する「フォレストエアコン」も高級車らしい装備だ。

パワーユニットは、「スカイライン」シリーズでおなじみの.3.7リッター「VQ37VHR」と2.5リッター「VQ25HR」、2種類のV6エンジンを用意。
さらに、カーナビのコース情報に連動し、カーブ進入時にドライバーの減速操作をサポートする「インテリジェントペダル」や、VDCシステムを利用して安定感のあるコーナリングを実現する「コーナリングスタビリティーアシスト」など、最新の運転支援技術が走りを支える。
ITS(高度道路交通システム)を活用した安全運転支援機能や、アクセルペダルの重さを調節して踏みすぎを抑える「エコペダル」といったハイテク装備もポイントだ。

そんな新型「日産フーガ」、2010年秋には、3.5リッターV6ガソリンエンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルの投入も予定されている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る