【スペック】パレットSW TS:全長×全幅×全高=3395×1475×1735mm/ホイールベース=2400mm/車重=960kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(64ps/6000rpm、9.7kgm/3000rpm)/価格=155万9250円(テスト車=165万3750円/ハイグレードサウンドシステム=9万4500円)

スズキ・パレットSW TS(FF/CVT)/パレットX(FF/CVT)【試乗速報】

ハイト軽もオラオラが人気!? 2009.10.08 試乗記 スズキ・パレットSW TS(FF/CVT)/パレットX(FF/CVT)
……131万2500円/165万3750円

スズキのハイト軽ワゴン「パレット」ベースの、ちょっとワイルドなカスタムバージョン「パレットSW」が新登場。新型CVTの採用で燃費も向上した“オトコの軽”にスーザン史子が試乗した。

パレットじゃ、カワイすぎ!

「打倒! タントカスタム」を掲げ、新たにスーパーハイト軽戦線に名乗りを上げたのが、「スズキ・パレットSW(スーパーワゴン)」。20〜30代の肉食系男子をターゲットに、ちょっぴり悪羅悪羅(オラオラ)に味付けされた、「パレット」のカスタムバージョンです。

というわけで、両側スライドドアがファミリーにウケているパレットのマイナーチェンジ。2009年4月から始まったエコカー減税対象車となるべく、これまでのトルコンATのみの設定に、新型の副変速機付CVTモデルを追加し、燃費を約10%アップさせたというのがポイント。同時にカスタム路線も加わることになったんです。

もともとパレットは、「スズキ・ワゴンR」からの乗り換えが多いモデル。ところが、カスタムモデルが不在だったせいか、「ワゴンRスティングレー」ユーザーの多くが、ダイハツの「タントカスタム」へと大量に流出。その流れを食い止めるため、是非モノのブルーのイルミネーションもビシッと装備し、「パレットじゃ、カワイすぎるだろ!」という男気溢れるユーザー向けに、ちょっぴりイカツイSWを投入したというわけなんです。

ギャル目線で勝手にほざきますと、女子が求める男子像ってのは、見た目はオラオラ系でも根っからのワルじゃない、実はとっても優しくて頼れる相手。そこんとこをよくわかってるな〜と感じさせるのが、パレットSWのインテリアなんですよね。ブラックのシートにダークグレーを基調としたオトナっぽい雰囲気の中に、ピアノブラック調のドアアームレストが高級感を演出していて落ち着けそう。何より、フロントからリアまでガラス面が広く、部屋のカーテンをサッと開けたような開放感があるのが重要。初対面の相手ならなおさら。「もしかして、車内でイケナイことされちゃうかもぉ〜」という不安が、「この人なら大丈夫だわ」という安心感に変わりそう。


スズキ・パレットSW TS(FF/CVT)/パレットX(FF/CVT)【試乗速報】の画像
テスト車の「パレットSW TS」のハイグレードサウンドシステム装着車は、本革巻きステアリングホイールにオーディオスイッチが備わる。
テスト車の「パレットSW TS」のハイグレードサウンドシステム装着車は、本革巻きステアリングホイールにオーディオスイッチが備わる。
スズキ・パレットSW TS(FF/CVT)/パレットX(FF/CVT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パレットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る