メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

2009.10.07 自動車ニュース
「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」
メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」のセダンとクーペそれぞれに、1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレードを追加。2009年10月6日に発売した。

「E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」
メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

新型「Eクラス」シリーズに、環境性能を意識したというエントリーグレード「E250 CGI ブルーエフィシェンシー(セダン/クーペ)」が追加された。

キモは、204psと31.6kgmを発生する、新開発の1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。Eクラスファミリーのなかで最も小さな排気量でありながら、上位にあたる3リッターV6モデル「E300」シリーズ(231ps、30.6kgm)に迫るパワーと、それを上まわるトルクを発生する。
10・15モード燃費値は、現時点では国土交通省に申請中とのことで未公表だが、「E300」シリーズの9.6km/リッターを1割以上凌ぐ数値になるもよう。

ほか、エネルギー効率に配慮した燃料ポンプやパワーステアリングポンプ、空気抵抗を意識した形状のドアミラーやラジエーターブラインドなど、メルセデスの最新環境対応技術「ブルーエフィシェンシーテクノロジー」が盛り込まれており、この点がネーミングの由来となっている。

セダンについては、内外装をスポーティに仕立てた「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」もラインナップ。エクステリアには「AMGスタイリングパッケージ」「AMGツインスポークアルミホイール」「ツインクロームエグゾーストエンド」などが、インテリアには「AMGスポーツシート」「AMGスポーツステアリング」が備わる。

価格は、以下のとおり。

・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」:634.0万円
・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」:698.0万円
・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」:668.0万円

なお、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」については、輸入車ガソリンモデルとして初めて、エコカー減税の対象となることも見込まれている。

(webCG 関)

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス クーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記