メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

2009.10.07 自動車ニュース
「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」
メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」のセダンとクーペそれぞれに、1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレードを追加。2009年10月6日に発売した。

「E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」
メルセデス「Eクラス」にエコな1.8リッターモデルが登場

新型「Eクラス」シリーズに、環境性能を意識したというエントリーグレード「E250 CGI ブルーエフィシェンシー(セダン/クーペ)」が追加された。

キモは、204psと31.6kgmを発生する、新開発の1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジン。Eクラスファミリーのなかで最も小さな排気量でありながら、上位にあたる3リッターV6モデル「E300」シリーズ(231ps、30.6kgm)に迫るパワーと、それを上まわるトルクを発生する。
10・15モード燃費値は、現時点では国土交通省に申請中とのことで未公表だが、「E300」シリーズの9.6km/リッターを1割以上凌ぐ数値になるもよう。

ほか、エネルギー効率に配慮した燃料ポンプやパワーステアリングポンプ、空気抵抗を意識した形状のドアミラーやラジエーターブラインドなど、メルセデスの最新環境対応技術「ブルーエフィシェンシーテクノロジー」が盛り込まれており、この点がネーミングの由来となっている。

セダンについては、内外装をスポーティに仕立てた「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」もラインナップ。エクステリアには「AMGスタイリングパッケージ」「AMGツインスポークアルミホイール」「ツインクロームエグゾーストエンド」などが、インテリアには「AMGスポーツシート」「AMGスポーツステアリング」が備わる。

価格は、以下のとおり。

・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」:634.0万円
・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」:698.0万円
・「E250 CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」:668.0万円

なお、「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」については、輸入車ガソリンモデルとして初めて、エコカー減税の対象となることも見込まれている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツE63 AMG S 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.7.24 試乗記 「Eクラス」のマイナーチェンジとともに登場した最強モデル「E63 AMG S 4MATIC」。585psのパワーをフルタイム4WDで操る、新しいAMGの走りを試す。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る