「タントエグゼ」
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」

より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」の姉妹モデルとなる「タントエグゼ」を、市販予定車として東京モーターショーに出展する。

リアドアはスライドではなくスイングドアとなるため、「タント」のセールスポイントであるピラーレス構造にはなっていない。
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」
 
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」
「タントエグゼ カスタム」
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」

■上級ミニバンからの移行も視野に

“子育てスペシャルカー”として人気の高い「タント」のパッケージの良さを生かし、より幅広いユーザー向けに仕立てたモデルとして市販が予定されるのが「タントエグゼ」と、そのドレスアップモデル「タントエグゼ カスタム」である。

デザインやユーティリティなどで実用性を重視したタントと違い、スポーティな印象を与えるエクステリアや、上質感が与えられたインテリアが特徴。シートは座り心地を重視したものに変更され、リアドアはスイングドアのみの設定となる。上質さを追求した反面、便利な装備や収納スペースなどは一部省略された。

広いスペース+上質感をアピールすることから、上級ミニバンからの乗り換えを強く意識していることがうかがえる。

販売時期は明かされていないが、価格はタントと同じぐらいになる予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る