より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」の姉妹モデルとなる「タントエグゼ」を、市販予定車として東京モーターショーに出展する。

■上級ミニバンからの移行も視野に

“子育てスペシャルカー”として人気の高い「タント」のパッケージの良さを生かし、より幅広いユーザー向けに仕立てたモデルとして市販が予定されるのが「タントエグゼ」と、そのドレスアップモデル「タントエグゼ カスタム」である。

デザインやユーティリティなどで実用性を重視したタントと違い、スポーティな印象を与えるエクステリアや、上質感が与えられたインテリアが特徴。シートは座り心地を重視したものに変更され、リアドアはスイングドアのみの設定となる。上質さを追求した反面、便利な装備や収納スペースなどは一部省略された。

広いスペース+上質感をアピールすることから、上級ミニバンからの乗り換えを強く意識していることがうかがえる。

販売時期は明かされていないが、価格はタントと同じぐらいになる予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

「タントエグゼ」
「タントエグゼ」
リアドアはスライドではなくスイングドアとなるため、「タント」のセールスポイントであるピラーレス構造にはなっていない。
リアドアはスライドではなくスイングドアとなるため、「タント」のセールスポイントであるピラーレス構造にはなっていない。
 
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」の画像
「タントエグゼ カスタム」
「タントエグゼ カスタム」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

タントエグゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
ホームへ戻る