より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」

ダイハツ工業は、軽乗用車「タント」の姉妹モデルとなる「タントエグゼ」を、市販予定車として東京モーターショーに出展する。

■上級ミニバンからの移行も視野に

“子育てスペシャルカー”として人気の高い「タント」のパッケージの良さを生かし、より幅広いユーザー向けに仕立てたモデルとして市販が予定されるのが「タントエグゼ」と、そのドレスアップモデル「タントエグゼ カスタム」である。

デザインやユーティリティなどで実用性を重視したタントと違い、スポーティな印象を与えるエクステリアや、上質感が与えられたインテリアが特徴。シートは座り心地を重視したものに変更され、リアドアはスイングドアのみの設定となる。上質さを追求した反面、便利な装備や収納スペースなどは一部省略された。

広いスペース+上質感をアピールすることから、上級ミニバンからの乗り換えを強く意識していることがうかがえる。

販売時期は明かされていないが、価格はタントと同じぐらいになる予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

「タントエグゼ」
「タントエグゼ」 拡大
リアドアはスライドではなくスイングドアとなるため、「タント」のセールスポイントであるピラーレス構造にはなっていない。
リアドアはスライドではなくスイングドアとなるため、「タント」のセールスポイントであるピラーレス構造にはなっていない。 拡大
 
より多くのユーザーにひろびろ空間を、「ダイハツ・タントエグゼ」の画像 拡大
「タントエグゼ カスタム」
「タントエグゼ カスタム」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

タントエグゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • わざわざ「女性向け」って言う必要ある?
    「ダイハツ・ミラ トコット」に感じた疑問
    2018.6.25 デイリーコラム ダイハツから、女性ユーザーをメインターゲットに据えた新しい軽乗用車「ミラ トコット」が登場。他のモデルとは一味違う“シンプルさが身上”のニューモデルにリポーターが感じた疑問とは? webCG編集部員が、世の女性向けモデルにモノ申す!
  • ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売 2018.6.25 自動車ニュース ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売した。「エフォートレス」(肩ひじ張らず自然体でいられる)をコンセプトとした女性向けの軽乗用車で、シンプルで温かみのあるスタイリングや、使いやすさ、充実した安全装備を特長としている。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
ホームへ戻る