レクサス、コンパクトハッチと2シータースポーツを出展

レクサス、コンパクトハッチと2シータースポーツを出展

レクサスブランドからは、プレミアムコンパクトカー「LF-Ch」」と、2シータースポーツカーの2台が東京モーターショーに参考出品される。

 
レクサス、コンパクトハッチと2シータースポーツを出展
 
レクサス、コンパクトハッチと2シータースポーツを出展

■コンパクトハッチもハイブリッドで

2009年のフランクフルトショーで発表された、新型のハイブリッドコンパクトカー「LF-Ch」が東京モーターショーでもお披露目される。
レクサス初となる2ボックス形状の5ドアコンパクトハッチで、心臓部にはハイブリッドシステムを搭載。環境性能と動力性能の高さを両立すると謳われる。
「トヨタ・オーリス」よりひとまわり大きなボディサイズだが、全高は低められており、スポーティな雰囲気を漂わせる。内外装は、レクサスのデザインフィロソフィー「L-finesse」に基づくもの。

参考出品車としてもう1台の出展は、現時点では「2シータースポーツ」とだけアナウンスされる。「LF-A」の市販モデル登場が噂されているが、すべては10月21日のプレスブリーフィングで明らかになる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。