「トヨタ・カローラ」シリーズ燃費アップで、特別仕様車も

2009.10.06 自動車ニュース
トヨタ・カローラアクシオX
「トヨタ・カローラ」シリーズ、燃費アップで特別仕様車も

「トヨタ・カローラ」シリーズ燃費アップで、特別仕様車も

トヨタ自動車は、「カローラアクシオ/カローラフィールダー」の燃費性能を向上させるとともに、特別仕様車を設定。2009年10月5日に発売した。

トヨタ・カローラフィールダーX“エアロツアラー”
「トヨタ・カローラ」シリーズ、燃費アップで特別仕様車も

■燃費アップで諸経費ダウン

セダン「カローラアクシオ」とワゴン「カローラフィールダー」の、1.5リッターFFモデルについて、エンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が変更された。結果、10・15モードの燃費値が0.6km/リッターアップの18.6km/リッターとなり、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税と重量税が50%減税される。

同時に、一部グレードの内外装に変更が加えられた。
「カローラアクシオG」は、ドアミラーがサイドターンランプ内蔵型に。インテリアは木目調パネル類や本革巻きステアリングホイールなどが採用された。
「カローラフィールダーX“G エディション”」もサイドターンランプ付きドアミラーを装備。「X“エアロツアラー”」には、花粉除去モード付きオートエアコンなどの快適装備が追加された。

変更のあった1.5リッターモデルの価格は、「カローラアクシオ」が139万5000円から186万9500円まで。「カローラフィールダー」が159万5000円から201万9000円まで。なお、1.8リッターモデルについては変更なし。

トヨタ・カローラフィールダーX“202”
「トヨタ・カローラ」シリーズ、燃費アップで特別仕様車も

■黒ずくめのドレスアップモデルも

今回、「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」そろって、特別仕様車「X“HIDリミテッド”」が用意された。ともにエントリーグレードの「X」がベースで、ディスチャージヘッドランプや花粉除去モード付きオートエアコンやコンライトなど、装備を充実させたモデルだ。
「カローラフィールダーX“HIDリミテッド”」はさらに、LEDスリットビームストップランプ付きリヤスポイラーや、UVカット機能付プライバシーガラスなどが備わる。
価格は、「カローラアクシオX“HIDリミテッド”」が145万6000円から173万9000円まで。「カローラフィールダーX“HIDリミテッド”」が161万1000円から188万4000円まで。

もう1台、黒基調の内外装をもつ「カローラフィールダーX“202”」も登場。トヨタのデザインプロジェクト「デコクレ」第3弾となるモデルである。
こちらは「X」をベースに、「X“エアロツアラー”」のエアロパーツと、専用のフロントグリル、ハイグロス調アルミホイールを装備。ボディカラーには専用「レイヤードブラック」が用いられる。なお、車名の「202」は、この色のカラーコード。内装もピアノブラックのパネル類や白いシートベルト、白ステッチの本革巻きステアリングホイールなどで飾られる。
価格は、FFが199万円で、4WDが217万9000円。

(webCG 関)

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • 「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車 2016.5.11 自動車ニュース トヨタが「カローラ フィールダー」に特別仕様車「+Red」を設定し、販売を開始した。フロントグリルに施されたラインや、インテリアの各所にあしらわれたステッチなど、各所にアクセントカラーとして赤が用いられている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”【試乗記】 2015.5.5 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
ホームへ戻る