トヨタの現実的次世代低炭素車、「プリウスプラグインハイブリッド」

トヨタ自動車は、現行型「プリウス」をベースにプラグインハイブリッド車(PHV)とした「プリウスプラグインハイブリッドコンセプト」を出展する。

■燃費は55km/リッター以上

トヨタでは、インフラ整備や航続距離の短さに課題を残すEVに比べ、普及に向けての障害が少ないPHVを、次世代低炭素車の現実解としている。それを具現したモデルが今回出展される「プリウスプラグインハイブリッドコンセプト」だ。
現行「プリウス」をベースにバッテリーを積み増し、外部電源からの充電を可能としたクルマで、2009年のフランクフルトショーで初出展、日本では初のお披露目となる。コンセプトは「The evolution of hybrid for sustainability=循環可能な地球社会に向けたハイブリッド車の進化」。

近距離の街乗りはEVモードでこなし、高速走行は通常のハイブリッド車として使用が可能という、EVとハイブリッドの良いとこ取りが同車の特徴。バッテリーにはニッケル電池に比べて体積エネルギー密度がすぐれるリチウムイオン電池が用いられた。これにより同じスペースを使いながらも、より多くの多くの電力を蓄えることが可能。スペース効率改善にも寄与する。テスト車では、満充電で20km以上のEV走行を実現し、燃費はJC08モードで55km/リッター以上(プリウスは32.6km/リッター)を記録したという。

「プリウス」とパッと見は同じ外観だが、ミラーやドアハンドル、リアライセンスガーニッシュが先進感を強調する高輝度シルバーとされ、ボディカラーはベース車には無いライトブルーマイカメタリックを採用。「プラグインハイブリッド」を示す専用エンブレムも与えられた。

同車は日米欧で正式認可を取得し、世界初の商品化を目指しているという。さらに、“プリウス”ブランドの環境先進イメージアップの役割も担うことになる。

(webCG 本諏訪)

 
トヨタの現実的次世代低炭素車、「プリウスプラグインハイブリッド」の画像
 
トヨタの現実的次世代低炭素車、「プリウスプラグインハイブリッド」の画像
充電口は、左側フロントドア直前に設置される。
充電口は、左側フロントドア直前に設置される。
 
トヨタの現実的次世代低炭素車、「プリウスプラグインハイブリッド」の画像
荷室は通常の「プリウス」に比べ、若干床面が高くなっている。
荷室は通常の「プリウス」に比べ、若干床面が高くなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 第462回:目指すは2050年の「CO2ゼロ」
    トヨタ電動化技術のこれまでを振り返る
    2017.12.15 エディターから一言 この20年間で、電動化技術の何がどう変わったのか? これからはどんなことを目指していくのか。トヨタが開催したプレス向け説明会の内容を、詳しく報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 東京オートサロン2018展示車両(その14) 2018.1.13 画像・写真 トヨタモデリスタの主役は大胆にカスタマイズされた「トヨタC-HR」。TRDや日野と併せて、各社のブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る