第162回:これが最新のスタッドレス 「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から

2012.10.24 エッセイ

第162回:これが最新のスタッドレス「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から

日本をメインに開発された、ミシュランの最新型スタッドレスタイヤ「X-ICE XI3」。その実力を、北海道で開催された体験試乗会で確かめた。

混乱するほど話題が豊富

「理想は3つまで」とされる。それが上手なプレゼンテーションのコツだそうだ。

コンピューターと異なり、生身の人間はたくさんの話をいっぺんに聞いても理解しきれない。だから、ポイントを3つ程度に絞って説明したほうが相手の心に強く響く。裏を返せば、的を絞りきれないままアレもコレもと取り上げるのは“プレゼン下手”ということになる。

なるほど、他メーカーのスタッドレスタイヤであれば「アイスバーンのブレーキ性能が向上」とか「氷表面の水分を効果的に吸収」といった具合に、説明するポイントが1つか2つに絞られている。ユーザーが理解しやすいように配慮したのか、それとも本当に注力した開発テーマが少なかったのかはわからないが、それが一般的な傾向であることは間違いない。

それらに比べると、ミシュランの新しいスタッドレスタイヤ「X-ICE XI3」のプレゼンテーションは、メチャクチャと言ってもいいくらい話題が多く、ある意味でわかりにくかった。
なにしろ、主要なテクノロジーだけで7つを数えるのだ。その効能としてアイスブレーキ、アイストラクション、スノーブレーキ、スノートラクション、スノーハンドリングなどの“ウインター・セーフティー”を確保したとアピールするいっぽうで、ドライ性能、ウエット性能、環境性能、静粛性、高速性能、さらにはロングライフなど、トータルバランスにも配慮したと主張するのだ。

彼らの姿勢は、思わず「スタッドレスタイヤに要求される性能として、それ以外に何があるの?」と、意地悪く聞き返したくなるくらいの“全面外交”ならぬ“全面開発”だが、裏を返せば、いかにもミシュランらしい手法と言えないこともない。

第162回:これが最新のスタッドレス 「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から
ミシュランの新開発スタッドレスタイヤ「X-ICE XI3(エックスアイス エックスアイスリー)」。2012年9月1日に販売がスタートした。
第162回:これが最新のスタッドレス 「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から
北海道の士別市郊外にある、テストコースでのひとこま。
第162回:これが最新のスタッドレス 「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から

第162回:これが最新のスタッドレス 「ミシュランX-ICE XI3」体験試乗会から

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ