「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

2009.10.05 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

トヨタ自動車は、「プレミオ/アリオン」の燃費性能を向上させるとともに、特別仕様車を設定。2009年10月13日に発売する。

「トヨタ・アリオン」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

このたび、「プレミオ」「アリオン」ともに、1.5リッターモデルのエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が改められ、10・15モードの燃費値が0.6km/リッターアップの18.6km/リッターとなった。
これにより「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税と重量税が50%減税される。

さらに今回、それぞれに特別仕様車が設定された。
「プレミオ 1.5F “Lパッケージ プライムセレクション”」は、装備充実の「1.5F “Lパッケージ”」に、ディスチャージヘッドランプやUVカット機能付きプライバシーガラスを追加したモデル。さらに、グレージュの内装にはミディアムブラウンの木目調パネル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを組み合わせ、価格は3万4000円安い183万5000円とした。

いっぽうで、「1.5F」「1.8X」をベースにオートエアコンをマニュアル化するなど装備を簡略化し価格を安く設定した「1.5F“バージョンC”」(−6万3000円)と「1.8X“バージョンC”」(−7万3500円)も用意される(カッコ内はベースモデルとの差額)。

アリオンには「A15“Gパッケージ スペシャルエディション”」がラインナップ。こちらは「A15“Gパッケージ”」にディスチャージヘッドランプ、専用グレーメタリック加飾のフロントグリル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを加え、6万3500円安い179万5000円に価格設定された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る