「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

2009.10.05 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

トヨタ自動車は、「プレミオ/アリオン」の燃費性能を向上させるとともに、特別仕様車を設定。2009年10月13日に発売する。

「トヨタ・アリオン」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

このたび、「プレミオ」「アリオン」ともに、1.5リッターモデルのエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が改められ、10・15モードの燃費値が0.6km/リッターアップの18.6km/リッターとなった。
これにより「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税と重量税が50%減税される。

さらに今回、それぞれに特別仕様車が設定された。
「プレミオ 1.5F “Lパッケージ プライムセレクション”」は、装備充実の「1.5F “Lパッケージ”」に、ディスチャージヘッドランプやUVカット機能付きプライバシーガラスを追加したモデル。さらに、グレージュの内装にはミディアムブラウンの木目調パネル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを組み合わせ、価格は3万4000円安い183万5000円とした。

いっぽうで、「1.5F」「1.8X」をベースにオートエアコンをマニュアル化するなど装備を簡略化し価格を安く設定した「1.5F“バージョンC”」(−6万3000円)と「1.8X“バージョンC”」(−7万3500円)も用意される(カッコ内はベースモデルとの差額)。

アリオンには「A15“Gパッケージ スペシャルエディション”」がラインナップ。こちらは「A15“Gパッケージ”」にディスチャージヘッドランプ、専用グレーメタリック加飾のフロントグリル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを加え、6万3500円安い179万5000円に価格設定された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
ホームへ戻る