「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

2009.10.05 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

トヨタ自動車は、「プレミオ/アリオン」の燃費性能を向上させるとともに、特別仕様車を設定。2009年10月13日に発売する。

「トヨタ・アリオン」
「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

このたび、「プレミオ」「アリオン」ともに、1.5リッターモデルのエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が改められ、10・15モードの燃費値が0.6km/リッターアップの18.6km/リッターとなった。
これにより「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税と重量税が50%減税される。

さらに今回、それぞれに特別仕様車が設定された。
「プレミオ 1.5F “Lパッケージ プライムセレクション”」は、装備充実の「1.5F “Lパッケージ”」に、ディスチャージヘッドランプやUVカット機能付きプライバシーガラスを追加したモデル。さらに、グレージュの内装にはミディアムブラウンの木目調パネル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを組み合わせ、価格は3万4000円安い183万5000円とした。

いっぽうで、「1.5F」「1.8X」をベースにオートエアコンをマニュアル化するなど装備を簡略化し価格を安く設定した「1.5F“バージョンC”」(−6万3000円)と「1.8X“バージョンC”」(−7万3500円)も用意される(カッコ内はベースモデルとの差額)。

アリオンには「A15“Gパッケージ スペシャルエディション”」がラインナップ。こちらは「A15“Gパッケージ”」にディスチャージヘッドランプ、専用グレーメタリック加飾のフロントグリル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを加え、6万3500円安い179万5000円に価格設定された。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る