「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

2009.10.05 自動車ニュース

「トヨタ・プレミオ/アリオン」が燃費向上 特別仕様車も

トヨタ自動車は、「プレミオ/アリオン」の燃費性能を向上させるとともに、特別仕様車を設定。2009年10月13日に発売する。

このたび、「プレミオ」「アリオン」ともに、1.5リッターモデルのエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が改められ、10・15モードの燃費値が0.6km/リッターアップの18.6km/リッターとなった。
これにより「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税と重量税が50%減税される。

さらに今回、それぞれに特別仕様車が設定された。
「プレミオ 1.5F “Lパッケージ プライムセレクション”」は、装備充実の「1.5F “Lパッケージ”」に、ディスチャージヘッドランプやUVカット機能付きプライバシーガラスを追加したモデル。さらに、グレージュの内装にはミディアムブラウンの木目調パネル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを組み合わせ、価格は3万4000円安い183万5000円とした。

いっぽうで、「1.5F」「1.8X」をベースにオートエアコンをマニュアル化するなど装備を簡略化し価格を安く設定した「1.5F“バージョンC”」(−6万3000円)と「1.8X“バージョンC”」(−7万3500円)も用意される(カッコ内はベースモデルとの差額)。

アリオンには「A15“Gパッケージ スペシャルエディション”」がラインナップ。こちらは「A15“Gパッケージ”」にディスチャージヘッドランプ、専用グレーメタリック加飾のフロントグリル、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブなどを加え、6万3500円安い179万5000円に価格設定された。

(webCG 関)

「トヨタ・プレミオ」
「トヨタ・プレミオ」 拡大
「トヨタ・アリオン」
「トヨタ・アリオン」 拡大

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • ハイブリッドの新型「トヨタ・センチュリー」発売 2018.6.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月22日、フルモデルチェンジした高級サルーン「センチュリー」の販売を開始した。3世代目となる新型は、5リッターV8エンジンをベースとするハイブリッドシステムを搭載する。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
ホームへ戻る