i-MiEVが“フルゴネット”に! 「三菱i-MiEVカーゴ」

i-MiEVが“フルゴネット”に! 「三菱i-MiEVカーゴ」

三菱自動車は、「iMiEV」の派生モデルで、広大な荷室を誇る電気自動車、その名も「i-MiEVカーゴ」を出展する。

 
 i-MiEVが“フルゴネット”に! 「三菱i-MiEVカーゴ」
 
 i-MiEVが“フルゴネット”に! 「三菱i-MiEVカーゴ」

■はたらく電気自動車

「i-MiEVカーゴ」は、「i-MiEV」に広大なラゲッジスペースを与えたユニークなワゴン。i-MiEVの後半にスクエアなラゲッジスペースをつなぎあわせたデザインは、かつての「ルノー4 フルゴネット」や「ルノー・エクスプレス」といった、ヨーロッパの小型貨物車を彷彿とさせる。

全長はベースのi-MiEVと同じ3395mmとしながら、全高を1860mmまで高めることで、高さ1100mm、幅1350mm、奥行き1180mmのラゲッジスペースを実現。低くフラットなフロアのおかげで、荷物の積み下ろしが楽なところも見逃せない。

パワートレインなどは基本的にi-MiEVと変わらず、160kmの航続距離(10・15モード)もi-MiEVと同じ。ただし、乗車定員は2名となる。ゼロエミッションの電気自動車だけに、実用化されれば都市向けの軽商用車として、さまざまなニーズに応えてくれそうだ。案外、日本よりもフランスやイタリアなど、フルゴネットになじみのある地域で人気を集めるかもしれない。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱「i-MiEV」マイナーチェンジモデルを写真で紹介 2011.7.6 画像・写真 2011年7月6日にマイナーチェンジした電気自動車「三菱i-MiEV」を写真で紹介。
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る