【スペック】全長×全幅×全高=4215×1830×1830mm/ホイールベース=2700mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5750rpm、15.1kgm/3750rpm)/価格=229万8000円(テスト車=233万7800円/マルチルーフレール=3万9800円)

ルノー・カングー 1.6(FF/4AT)【試乗記】

草食系ビークル 2009.10.05 試乗記 ルノー・カングー 1.6(FF/4AT)
…233万7800円

「Bleu Volga=ボルガ川の青」という洒落たネーミングのカラーに塗られた新型カングーは、なんとも味のあるキャラクターを備えていた。

エバリやステイタスとは無縁のルックス

2009年9月に日本への導入が始まった新型「ルノー・カングー」に試乗しながら “草食系男子”という言葉が頭に浮かぶ。自分と同年代のギラついたアラフォーおじさんからのウケは悪いけれど、個人的には“草食系男子”ってちょっといいなぁと思うのだ。仕事仲間にも“草食系”っぽい青年が何人かいて、みんな知的でやさしい。ガツガツした上昇志向とは無縁だけれど、真面目に仕事や人生に取り組んでいるし、お金をかけずに暮らしをエンジョイしている。

そもそも、優秀でマッチョな“肉食系”だけが競争に勝ち抜いて幸せになれる、という仕組みは結構しんどいです。もちろん、“肉食系”のみなさんのおかげで社会が発展したという側面もあるでしょう。でも、いろんな人がいたほうが世の中楽しいじゃないですか。獲物の奪い合いは苦手だけれど絵や料理やサーフィンは得意、そんな人もいるほうが面白い。それはクルマだって同じじゃないかと、カングーは教えてくれたわけです。

まず、カングーのノホホンとしたルックスは、エバリやステイタスとは無縁だ。「クリオ(邦名ルーテシア)」をベースにした先代よりも、ひとクラス上の「セニック」をベースにする新型のほうが大きくて、全長で180mm、全幅で155mmも拡大している。全幅が1800mmを超えているので使い勝手が心配だったけれど、意外と小回りがきく。資料をあたってみると、最小回転半径は先代の5.2mから5.1mへと、ボディが拡大したにもかかわらず小さくなっている。エライ。

ドア下方の使いにくい位置にあったパワーウィンドウのスイッチが常識的な位置に移動したり、リアウィンドウが全開できるようになるなど、目立たない改良点もいくつか。L字のサイドブレーキレバーの形状はデザイン上のものではなく、1日で300回もの解除を繰り返すフランスの郵便局(La Poste)からのリクエストで使いやすさを追求したものだという。
ドア下方の使いにくい位置にあったパワーウィンドウのスイッチが常識的な位置に移動したり、リアウィンドウが全開できるようになるなど、目立たない改良点もいくつか。L字のサイドブレーキレバーの形状はデザイン上のものではなく、1日で300回もの解除を繰り返すフランスの郵便局(La Poste)からのリクエストで使いやすさを追求したものだという。
先代では両サイドにあった収納ボックスは、カーテンエアバッグの採用により後席の頭上に移動された。3つのボックスのように見えるが中は繋がっているので、長いものも収納可能。ボックス容量は24.4リッター。
先代では両サイドにあった収納ボックスは、カーテンエアバッグの採用により後席の頭上に移動された。3つのボックスのように見えるが中は繋がっているので、長いものも収納可能。ボックス容量は24.4リッター。
左右スライドドアと観音開きのリアゲートが備わるのは従来型と同じ。外寸は、従来型に比べて全長で180mm、全幅で155mm、全高で20mm拡大した。オプションのマルチルーフレールは、ルーフレールの一部を可動することでクロスバーとしても使える。写真はその状態。
左右スライドドアと観音開きのリアゲートが備わるのは従来型と同じ。外寸は、従来型に比べて全長で180mm、全幅で155mm、全高で20mm拡大した。オプションのマルチルーフレールは、ルーフレールの一部を可動することでクロスバーとしても使える。写真はその状態。
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
ホームへ戻る