第111回:衝撃! プラグイン男にコネクトされた−大矢アキオがいざなう「フランクフルトショー」魅惑の裏話?(後編)

2009.10.03 エッセイ

第111回:衝撃! プラグイン男にコネクトされた−大矢アキオがいざなう「フランクフルトショー」魅惑の裏話?(後編)

メルセデスのテープドローイング実演。(写真1)
第111回:衝撃! プラグイン男にコネクトされた−大矢アキオがいざなう「フランクフルトショー」魅惑の裏話?(…

未来の自動車デザイナー育成のために

(前編からのつづき)
大矢アキオがいざなうフランクルトショー後編は、「憩い」編である。
まずはショー会場で最もメインゲートに近い、メルセデス・ベンツから。毎年同社は1パビリオンをまるごと使用して、2階建てで展開している。その建物は「フェストハッレ」といって、なんと1909年に第11回ドイツ体育大会のため建設開始されたものだ。つまり、100年前のパビリオンに世界最古の自動車メーカーという組み合わせである。

ここまで書くと何やら荘厳さばかりが漂うが、実は2階部分に行くと、興味深いアトラクションが待っている。そのひとつがデザインコーナーだ。実際のデザイナーが日頃の作業を見せる企画である。

こうしたデザイン実演は、近年ジュネーブショーで、ランチアやGMが手描きスケッチでやっていたのを覚えている。ただし、フランクフルトのメルセデスはコンピューターによるレンダリングなど、ライブ感では各段に上である。特に、壁にテープを使って車体の側面を描くテープドローイング(写真1)は、迫力がある。デザイナーは、キャスター付きスツールを滑らせながら、会場でデビューしたばかりの「メルセデス・ベンツSLS AMG」を描いていく。
どのメーカーでもデザインセンターで行われている作業であるのにもかかわらず、ショー会場でやると、スペクタクルに変貌する。「毎日がスペシャル」である。

ボクは「一人前になるまで、何年かかるんっすか?」とか聞けばいいものを、すっかり忘れて見入ってしまった。自動車デザイナーを志す若者が少なくなったといわれて久しいが、もしこうした作業を子供たちが目にすれば、クルマのデザインに少なからず興味を示すに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。