「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

2009.10.02 自動車ニュース

「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチバック「207」をマイナーチェンジし、2009年10月5日から販売する。

今回ラインナップが見直され、従来ラインナップされていた「207 Feline」や、ホットモデルの「GT」「GTi」はカタログから姿を消した。いっぽう、新グレード「207 Style1.6」「207 Premium」の2車種が追加された。

デザインには手直しが施された。特徴的なフロントまわりに手が入れられ、エンブレムのあるボンネット先端部分はよりマイルドに。エントリーグレードの「Style」以外はフォグランプの位置も変更され、リアガラスとリアサイドガラスが「スーパーティンテッドガラス」になった。
また、リアのテールランプがLEDになり、各モデルのホイールデザインも改められた。

インテリアは、ダッシュボードアクセントトリムの色を変更し(「Style」除く)、シートの形状を新デザインのコンフォートタイプとスポーツタイプの2種類に。シート地もモデル別に新しいものが用意された。

機能面では、リモコンキーでドアを閉めると窓ガラスが自動的に閉じる「オートクローズ機能」、1度のレバー操作で3回ウィンカーを点滅させられる「ワンタッチウィンカー機能」を追加。Style1.4以外には、クルーズコントロールも追加された。

価格は、以下のとおり。

・「207 Style1.4」:189.0万円
・「207 Style1.6」:199.0万円
・「207 Premium」:219.0万円
・「207 Cielo」:249.0万円(レザー内装モデルは受注生産で270.0万円)

(webCG 関)

「プジョー207 Premium」
「プジョー207 Premium」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 2017.3.7 画像・写真 独フォルクスワーゲンは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型5ドアハッチバック車「アルテオン」を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る