「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

2009.10.02 自動車ニュース

「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチバック「207」をマイナーチェンジし、2009年10月5日から販売する。

今回ラインナップが見直され、従来ラインナップされていた「207 Feline」や、ホットモデルの「GT」「GTi」はカタログから姿を消した。いっぽう、新グレード「207 Style1.6」「207 Premium」の2車種が追加された。

デザインには手直しが施された。特徴的なフロントまわりに手が入れられ、エンブレムのあるボンネット先端部分はよりマイルドに。エントリーグレードの「Style」以外はフォグランプの位置も変更され、リアガラスとリアサイドガラスが「スーパーティンテッドガラス」になった。
また、リアのテールランプがLEDになり、各モデルのホイールデザインも改められた。

インテリアは、ダッシュボードアクセントトリムの色を変更し(「Style」除く)、シートの形状を新デザインのコンフォートタイプとスポーツタイプの2種類に。シート地もモデル別に新しいものが用意された。

機能面では、リモコンキーでドアを閉めると窓ガラスが自動的に閉じる「オートクローズ機能」、1度のレバー操作で3回ウィンカーを点滅させられる「ワンタッチウィンカー機能」を追加。Style1.4以外には、クルーズコントロールも追加された。

価格は、以下のとおり。

・「207 Style1.4」:189.0万円
・「207 Style1.6」:199.0万円
・「207 Premium」:219.0万円
・「207 Cielo」:249.0万円(レザー内装モデルは受注生産で270.0万円)

(webCG 関)

「プジョー207 Premium」
「プジョー207 Premium」

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記