「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

2009.10.02 自動車ニュース

「プジョー207」がデザインおよび価格を変更

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチバック「207」をマイナーチェンジし、2009年10月5日から販売する。

今回ラインナップが見直され、従来ラインナップされていた「207 Feline」や、ホットモデルの「GT」「GTi」はカタログから姿を消した。いっぽう、新グレード「207 Style1.6」「207 Premium」の2車種が追加された。

デザインには手直しが施された。特徴的なフロントまわりに手が入れられ、エンブレムのあるボンネット先端部分はよりマイルドに。エントリーグレードの「Style」以外はフォグランプの位置も変更され、リアガラスとリアサイドガラスが「スーパーティンテッドガラス」になった。
また、リアのテールランプがLEDになり、各モデルのホイールデザインも改められた。

インテリアは、ダッシュボードアクセントトリムの色を変更し(「Style」除く)、シートの形状を新デザインのコンフォートタイプとスポーツタイプの2種類に。シート地もモデル別に新しいものが用意された。

機能面では、リモコンキーでドアを閉めると窓ガラスが自動的に閉じる「オートクローズ機能」、1度のレバー操作で3回ウィンカーを点滅させられる「ワンタッチウィンカー機能」を追加。Style1.4以外には、クルーズコントロールも追加された。

価格は、以下のとおり。

・「207 Style1.4」:189.0万円
・「207 Style1.6」:199.0万円
・「207 Premium」:219.0万円
・「207 Cielo」:249.0万円(レザー内装モデルは受注生産で270.0万円)

(webCG 関)

「プジョー207 Premium」
「プジョー207 Premium」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る