585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

2012.10.24 自動車ニュース

585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

光岡自動車は2012年10月24日、「ビュート」の特別仕様車「OTTAVA(オッターヴァ)」を発表した。10月25日に発売する。

「ビュート OTTAVA(オッターヴァ)」は、TBSホールディングスが運営するインターネットラジオ「OTTAVA」とのコラボレーションによって生まれた特別仕様車。「大量生産車にはないクラシカルな雰囲気とぜいたくさを楽しむ」というビュートの“本来の姿”を追求することをテーマとし、光岡とOTTAVAがラジオのリスナーの意見を吟味しながら作り上げた。パイオニア製のハイエンドオーディオシステムを搭載したり、スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を内装材として使用したりするなど、非常に凝った内容となっている。「ビュート12LX」(FF)をベースとする。

主な特別装備は以下のとおり。

<「ビュート OTTAVA」の主な専用装備>

・ハイエンドオーディオ「パイオニア・カロッツェリアX」
・本革シート(スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を使用)
・ウッドタイプインパネ(アナログ時計付き、カレドニアンレザー張り)
・ドアトリムおよびコンソール(カレドニアンレザー張り)
・ウッドタイプパーセルボード
・リアカーテン
・15インチアルミホイール+タイヤ(ブリヂストンPZ-XC)
・本革巻きステアリング(カレドニアンレザーを使用)
・本革張りラゲッジスペース(カレドニアンレザーを使用)
・エンブレム(トランクリッド、Cピラー)
・グリルバッジ
・バッグおよびアイテム(キーケース、メガネケース、ペンケース、フォトフレームなど)

車両価格は585万円。ボディカラーはマーブルホワイト、内装色はベージュ/オレンジブラウンとなる。

(webCG)

―関連記事(カースコープ)はこちら

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表 2017.12.25 自動車ニュース スズキが新型車「XBEE(クロスビー)」を発表。ワゴンとSUVの融合をうたったクロスオーバーモデルで、コンパクトでありながら大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。180mmの最低地上高と走行モード切り替え機構により、十分な走破性もかなえているという。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化 2018.1.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジ。全グレードでインテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーを選択可能としたほか、インテリアの仕様やボディーカラーのバリエーションも拡充している。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る