585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

2012.10.24 自動車ニュース

585万円の「ミツオカ・ビュート」が登場

光岡自動車は2012年10月24日、「ビュート」の特別仕様車「OTTAVA(オッターヴァ)」を発表した。10月25日に発売する。

「ビュート OTTAVA(オッターヴァ)」は、TBSホールディングスが運営するインターネットラジオ「OTTAVA」とのコラボレーションによって生まれた特別仕様車。「大量生産車にはないクラシカルな雰囲気とぜいたくさを楽しむ」というビュートの“本来の姿”を追求することをテーマとし、光岡とOTTAVAがラジオのリスナーの意見を吟味しながら作り上げた。パイオニア製のハイエンドオーディオシステムを搭載したり、スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を内装材として使用したりするなど、非常に凝った内容となっている。「ビュート12LX」(FF)をベースとする。

主な特別装備は以下のとおり。

<「ビュート OTTAVA」の主な専用装備>

・ハイエンドオーディオ「パイオニア・カロッツェリアX」
・本革シート(スコットランドの最高級レザー「カレドニアン」を使用)
・ウッドタイプインパネ(アナログ時計付き、カレドニアンレザー張り)
・ドアトリムおよびコンソール(カレドニアンレザー張り)
・ウッドタイプパーセルボード
・リアカーテン
・15インチアルミホイール+タイヤ(ブリヂストンPZ-XC)
・本革巻きステアリング(カレドニアンレザーを使用)
・本革張りラゲッジスペース(カレドニアンレザーを使用)
・エンブレム(トランクリッド、Cピラー)
・グリルバッジ
・バッグおよびアイテム(キーケース、メガネケース、ペンケース、フォトフレームなど)

車両価格は585万円。ボディカラーはマーブルホワイト、内装色はベージュ/オレンジブラウンとなる。

(webCG)

―関連記事(カースコープ)はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • ミツオカ、ビュート/ビュートなでしこを値上げ 2016.2.18 自動車ニュース 光岡自動車は2016年2月18日、4ドアセダン「ビュート」と5ドアハッチバック「ビュートなでしこ」の車両本体価格を、同年2月19日の受注分から変更すると発表した。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
ホームへ戻る