「マツダ 清(きよら)」
マツダはリッター32kmの「清(きよら)」で勝負

マツダはリッター32kmの「清(きよら)」で勝負

マツダは、第41回東京モーターショーに、10・15モード燃費32km/リッターを実現するコンパクトカーのコンセプトモデル「 清(きよら)」を出展する。

 
マツダはリッター32kmの「清(きよら)」で勝負

■イメージは、水

「マツダ 清(きよら)」は、2008年秋のパリサロンで公開されたコンセプトモデル。デミオよりさらにコンパクトな、全長×全幅×全高=3770×1685×1350mmのボディに、新世代パワートレインを搭載することで、軽快な走りと低燃費を両立すると謳われる。

3ドアハッチバックのボディは、水をテーマにデザインされており、透明なルーフ、ドアとウィンドウが一体となった跳ね上げ式の「ウィンドア」で、清らかさを表現。これが名前の由来でもある。船のスクリューをモチーフとしたホイールのデザインも、水を意識した結果だ。
一方のインテリアは、海藻をモチーフとしたデザインを採用し、乗員を包み込むやさしい空間をつくり上げている。

そんな新時代のシティコミューター「清」には、マツダがこの東京モーターショーで発表する新世代パワートレインが搭載される。次世代直噴ガソリンエンジンの「マツダ SKY-G 1.3」と、6段オートマチックギアボックス「マツダ SKY-Drive」の組み合わせに加えて、すでに実用化されているアイドリングストップ機能「i-stop」や、エネルギー回生システム、100kgの軽量化を実現する新プラットフォームなどの技術により、10・15モード燃費で32km/リッターを達成できるという。

ハイブリッドではなく、いままでのパワートレインを磨き上げることによって、低燃費のクルマを低価格で提供しようというマツダ。その予告編がこの「清」というわけだ。なお、“本編”の公開は、2011年の東京モーターショーと予想される。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。