スバルのDNAを受け継ぐハイブリッドGT「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」

スバルのDNAを受け継ぐハイブリッドGT「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」

富士重工業は、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDといった同社お得意の技術を生かしながら、ハイブリッドシステムなどの新技術で未来を見据える次世代グランドツーリングカー「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」を東京モーターショーに出展する。

エクステリアは、広々としたグラスエリアと上に跳ね上がるガルウイングドアが特徴。
スバルのDNAを受け継ぐハイブリッドGT「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」

■斬新なスタイル

スバルが“彫刻的なエアロフォルム”と表現するエクステリアは、フロントマスクにスバルのアイデンティティを刻むもので、2ボックスボディに大型のガルウイングドアを与えた大胆なデザインがとても印象的だ。

グラスエリアを大きく採ることで明るく開放的なスペースを実現したというキャビンは、すべての乗員に最適な移動環境をもたらすとともに、ドライバーに対しては、走行状況にあわせてダッシュボードやコンソールユニットのポジションを変えることで、高速時には包まれ感のあるスポーティさを、低速時には良好な視界を提供して、ストレスのない運転環境を提供する。

 
スバルのDNAを受け継ぐハイブリッドGT「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」
 
スバルのDNAを受け継ぐハイブリッドGT「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」

■ユニークなハイブリッドシステム

パワートレインは、スバルらしさが滲み出すユニークな設計だ。
エンジンは2リッター水平対向ガソリンターボに直噴システムを採用。これに新開発のCVT「リニアトロニック」を組み合わせ、シンメトリカルAWDシステムにより4輪を駆動する。

そして注目は、スバル独自のハイブリッドシステム。フロントとリアのそれぞれにモーターを配した2モーター方式で、フロントは発電・駆動用のモーターをエンジンとトランスミッションの間に、リアは駆動用モーターをリアディファレンシャルの直前に配置。発進や車庫入れなどの際は、エンジンを使わず、リアモーターだけで駆動。通常走行時は、おもにエンジンにより、これまでのような4WDの走りが楽しめる。加速時にはリアモーターがエンジンをアシスト。さらに大きな駆動力が必要な場合は、通常は発電機として機能するフロントモーターが前輪をアシストして力強い加速をもたらす。

エネルギー源は、リチウムイオンバッテリーだ。アイドリングストップや回生ブレーキなどの機能とあいまって、従来の5割アップの燃費性能を目指している。

シンメトリカルAWDシステムの魅力をさらに高めるというスバル独自のハイブリッドシステムを搭載したスバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト。斬新なフォルムとともに、ぜひ注目したい1台だ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。