「スバル・インプレッサWRX STIカーボン」
「スバル インプレッサWRX STI カーボン」軽量化を図った大人のプレステージスポーツ

「スバル インプレッサWRX STI カーボン」軽量化を図った大人のプレステージスポーツ

富士重工業は、「スバル インプレッサWRX STI A-Line」をベースに軽量化を実施してスポーツ性を向上させた「インプレッサWRX STIカーボン」を、第41回東京モーターショーに出展する。

 
「スバル インプレッサWRX STI カーボン」軽量化を図った大人のプレステージスポーツ
 
「スバル インプレッサWRX STI カーボン」軽量化を図った大人のプレステージスポーツ
 
「スバル インプレッサWRX STI カーボン」軽量化を図った大人のプレステージスポーツ

■カーボンルーフでさらにスポーティに

スポーツドライビングを楽しむユーザーから高い支持を得ている「スバル・インプレッサWRX STI」。その1グレードとして、トルキーな2.5リッターターボエンジンに5段ATを組み合わせ、走りの楽しさをより幅広い層に提供するのが「インプレッサWRX STI A-Line」だ。この大人のスポーツをベースに、ルーフ部分にカーボンを採用することで軽量化を図ったのが「インプレッサWRX STIカーボン」である。

スバルによれば、その名のとおり、ルーフをカーボン化することで4kgの軽量化を実現。クルマの頂点部分を軽くすることで、その重心はベースモデルに比べて3mm低くなるという。
視覚的な効果も抜群で、ダイナミックな走りとスポーティなデザインが同時に手に入ることになる。インテリアも、メーターフードやレカロシートにスエード調素材をあしらうことで、大人のプレステージスポーツを表現。参考出品モデルではあるが、メーカーには、ぜひ市販化を決断してほしいモデルだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る