これが次期型アルト、「スズキ・アルトコンセプト」登場

スズキは、2009年10月21日のプレスデイで幕を開ける東京モーターショーに、ワールドプレミアとなる2台を含む、計14台を展示。なかでも注目は「アルト」の次期モデルとなる「アルトコンセプト」だ。

■新型「アルト」は可愛く賢く

東京モーターショーで、スズキが世界初公開する1台が、アルトの次期モデル「アルトコンセプト」だ。
フロントデザインは、海外向けの小型車「アルト」と共通のイメージ。「可愛く賢く」を表現し、年齢、性別を問わず世代を超えて受け入れられるデザインを目指したという。

ボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1535mm、ホイールベースは2400mm。現行FFモデル比で35mm背が高く、ホイールベールが40mm長い。これにより、高い居住性を確保したという。インテリアは、角を丸くしたインストゥルメントパネルに、大型のスピードメーターやスイッチ類が配置され、シンプルでモダンな印象。
トランスミッションは新しくCVTを採用し、燃費性能を向上、環境性能にも取り組んでいると謳われる。

会場には初代アルトも展示され、アルトの歩みを紹介する「アルト誕生30年コーナー」も設置される。

(webCG ワタナベ)

「アルトコンセプト」
「アルトコンセプト」 拡大
 
これが次期型アルト、「スズキ・アルトコンセプト」登場の画像 拡大
 
これが次期型アルト、「スズキ・アルトコンセプト」登場の画像 拡大
徹底したコストダウンにより47万円という低価格で1979年にデビューした初代「アルト」。
徹底したコストダウンにより47万円という低価格で1979年にデビューした初代「アルト」。 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • 第496回:いよいよ日本でもお披露目!
    新型「スバル・フォレスター」の詳細に迫る
    2018.4.19 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーでの世界初公開から遅れること12日、日本でもいよいよ新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)がメディア向けに披露された。そこで発表された新たな情報と、2度の取材を通して記者が感じた、このクルマの印象をリポートする。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
ホームへ戻る