「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジ

2009.09.30 自動車ニュース

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジ

アウディジャパンは2009年9月30日、「Q7」のマイナーチェンジモデルを発表。同日販売を開始した。

■安全・環境性能が向上

「アウディQ7」は、アウディ初の本格SUVとして、2006年10月に日本に導入されたプレミアム7シーターだ。その発表から約3年がたったいま、同モデルに内外装のリフレッシュや燃費向上などのメニューを盛り込んだ、大掛かりなマイナーチェンジが施された。

2010年に予定されているQ7のクリーンディーゼル仕様投入を前に実施された今回のマイナーチェンジでは、「3.6FSIクワトロ」と「4.2FSIクワトロ」に回生ブレーキを採用するなどして、燃費を7〜7.5%ほど向上させた。

また、「アウディサイドアシスト」や「アウディレーンアシスト」「アダプティブクルーズコントロール」などの先進技術により、予防安全性を向上させたのも見逃せないポイント。

価格は、「3.6FSIクワトロ」が740.0万円、「4.2FSIクワトロ」は970.0万円。

■外装をきらびやかに

外観は、シングルフレームグリル内の縦方向のラインにクローム処理が施されたほか、LEDポジションランプを内蔵した新意匠のヘッドライトが採用された。あわせてリアコンビランプにもLEDが採り入れられ、先進的なイメージが打ち出された。

また、アルミホイールのデザインも一新。「3.6FSI」、「4.2FSI」、オプションで用意される20インチの3タイプに、それぞれ新形状を採用した。

内装は、助手席側ダッシュボードにウッド素材のデコラティブパネルを新たに採用。また、マルチメディアインターフェイス(MMI)が、40GBのハードディスクや7インチVGAディスプレイ、Bluetoothハンズフリーシステムを装備する新型へと進化している。

■回生ブレーキシステムを搭載

3.6リッターV6と4.2リッターV8の2種類が用意されるエンジン自体には大きな変更は見られないが、制動時に発生する運動エネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄える回生ブレーキシステムの採用により燃費向上を果たした。

スペックは、3.6FSIが最高出力280ps/6200rpm、最大トルク36.7kgm/2500-5000rpm。10・15モード燃費は従来より7%アップし、7.6km/リッターとなった。4.2FSIは、出力が350ps/6800rpm、トルクは44.9kgm/3500rpm。燃費は従来比+7.5%となる7.2km/リッターをマークした。

従来どおり6段ATを介して伝えられる駆動力は、クワトロシステムによって4輪に分配される。

■ドライバーの負担を軽減

今回のマイナーチェンジでは、ドライバーをサポートする先進技術も採り入れられた。車線変更時に斜め後ろの後続車を検知し、ドライバーに危険を知らせる「アウディサイドアシスト」のほか、時速60km以上で走行中に車線から逸脱するとステアリングを振動させ、ドライバーに警告を与える「アウディレーンアシスト」や、前走車との車間距離を維持するために加・減速を自動で行う「アダプティブクルーズコントロール」も用意。これらは「ドライブアシストパッケージ」として、セットオプションで装備される。

デザインに新たな要素を盛り込みながら、中身もしっかり進化したQ7。これまで以上に多くのユーザーの支持を集めることになりそうだ。

(webCG 曽宮)

アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型Q7。
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型Q7。 拡大

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大
Q7では回生ブレーキの搭載により、走行時に必要な電気の一部をオルタネーターではなく、バッテリーから取り出すようにしたのがポイント。その結果、エンジンの抵抗となりうるオルタネーターの出番を減らし、燃費性能を向上させた。
Q7では回生ブレーキの搭載により、走行時に必要な電気の一部をオルタネーターではなく、バッテリーから取り出すようにしたのがポイント。その結果、エンジンの抵抗となりうるオルタネーターの出番を減らし、燃費性能を向上させた。
拡大
4.2FSIクワトロに標準のアルミホイール。
4.2FSIクワトロに標準のアルミホイール。 拡大

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
Q7アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記 「アウディQ5」の高性能バージョンである「SQ5」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速5.4秒をマークする、最新スポーツSUVの実力とは? スポーツサスペンションを装着したエキサイティングな一台に試乗した。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディSQ5 2018.4.5 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディSQ5」。354psの3リッターV6 TFSIエンジンを搭載するハイパフォーマンスSUVの走りを堪能する!
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る