「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジ

2009.09.30 自動車ニュース
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長と新型Q7。
「アウディQ7」がマイナーチェンジ

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジ

アウディジャパンは2009年9月30日、「Q7」のマイナーチェンジモデルを発表。同日販売を開始した。

■安全・環境性能が向上

「アウディQ7」は、アウディ初の本格SUVとして、2006年10月に日本に導入されたプレミアム7シーターだ。その発表から約3年がたったいま、同モデルに内外装のリフレッシュや燃費向上などのメニューを盛り込んだ、大掛かりなマイナーチェンジが施された。

2010年に予定されているQ7のクリーンディーゼル仕様投入を前に実施された今回のマイナーチェンジでは、「3.6FSIクワトロ」と「4.2FSIクワトロ」に回生ブレーキを採用するなどして、燃費を7〜7.5%ほど向上させた。

また、「アウディサイドアシスト」や「アウディレーンアシスト」「アダプティブクルーズコントロール」などの先進技術により、予防安全性を向上させたのも見逃せないポイント。

価格は、「3.6FSIクワトロ」が740.0万円、「4.2FSIクワトロ」は970.0万円。

■外装をきらびやかに

外観は、シングルフレームグリル内の縦方向のラインにクローム処理が施されたほか、LEDポジションランプを内蔵した新意匠のヘッドライトが採用された。あわせてリアコンビランプにもLEDが採り入れられ、先進的なイメージが打ち出された。

また、アルミホイールのデザインも一新。「3.6FSI」、「4.2FSI」、オプションで用意される20インチの3タイプに、それぞれ新形状を採用した。

内装は、助手席側ダッシュボードにウッド素材のデコラティブパネルを新たに採用。また、マルチメディアインターフェイス(MMI)が、40GBのハードディスクや7インチVGAディスプレイ、Bluetoothハンズフリーシステムを装備する新型へと進化している。

Q7では回生ブレーキの搭載により、走行時に必要な電気の一部をオルタネーターではなく、バッテリーから取り出すようにしたのがポイント。その結果、エンジンの抵抗となりうるオルタネーターの出番を減らし、燃費性能を向上させた。
「アウディQ7」がマイナーチェンジ

■回生ブレーキシステムを搭載

3.6リッターV6と4.2リッターV8の2種類が用意されるエンジン自体には大きな変更は見られないが、制動時に発生する運動エネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄える回生ブレーキシステムの採用により燃費向上を果たした。

スペックは、3.6FSIが最高出力280ps/6200rpm、最大トルク36.7kgm/2500-5000rpm。10・15モード燃費は従来より7%アップし、7.6km/リッターとなった。4.2FSIは、出力が350ps/6800rpm、トルクは44.9kgm/3500rpm。燃費は従来比+7.5%となる7.2km/リッターをマークした。

従来どおり6段ATを介して伝えられる駆動力は、クワトロシステムによって4輪に分配される。

4.2FSIクワトロに標準のアルミホイール。
4.2FSIクワトロに標準のアルミホイール。

「アウディQ7」がビッグマイナーチェンジの画像

■ドライバーの負担を軽減

今回のマイナーチェンジでは、ドライバーをサポートする先進技術も採り入れられた。車線変更時に斜め後ろの後続車を検知し、ドライバーに危険を知らせる「アウディサイドアシスト」のほか、時速60km以上で走行中に車線から逸脱するとステアリングを振動させ、ドライバーに警告を与える「アウディレーンアシスト」や、前走車との車間距離を維持するために加・減速を自動で行う「アダプティブクルーズコントロール」も用意。これらは「ドライブアシストパッケージ」として、セットオプションで装備される。

デザインに新たな要素を盛り込みながら、中身もしっかり進化したQ7。これまで以上に多くのユーザーの支持を集めることになりそうだ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る