ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸

2009.09.30 自動車ニュース

ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、フルモデルチェンジしたフラッグシップサルーン「XJ」を日本でお披露目した。正式発売は2010年3月を予定している。

■スポーツサルーンへと進化

2009年7月9日に本国で発表、日本でもすでに受注を開始している「XJ」が、ついに日本上陸を果たした。

6年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした新型は、伝統的なスタイリングから脱却。ジャガーのブランドフィロソフィーである「Beautiful Fast Car(美しく、速い車)」を具現した先進的なデザインに改められた。「XK」「XF」の流れをくむ現代ジャガーのデザインを纏い、従来よりスポーツキャラクターを強めたポジショニングとなる。

新型「XJ」のエンジンは、510psを発生する最強ユニットを筆頭に3種を用意。すべてに6段ATが組み合わされる。「ラグジュアリー」「プレミアムラグジュアリー」「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」の4グレードがラインナップされ、価格はスタンダードホイールベース版(SWB)が1000.0万円から1655.0万円。ロングホイールベース版(LWB)が1600.0万円と1755.0万円。いずれもハンドル位置は左右が選べる。

■3ボックスが流線形に

新型「XJ」は、先代のクラシカルな3ボックス形状から、流線形のプロファイルへと大胆に変身した。
大きく開いたフロントグリルと、バイキセノンヘッドランプが埋め込まれた細いヘッドライトが、アグレッシブな表情を持つ。後方に伸びるティアドロップ形状のサイドウィンドウも、流れるようなシェイプを引き立たせるもの。標準装備されるパノラミックサンルーフは、まるでクーペのようなルーフラインを形取っている。デザインだけでなくエアロダイナミクスも考慮され、そのCd値は0.29と公表される。「cats claw(猫の爪)」のような形状の、LEDで構成されるテールランプは、リアエンドのみどころのひとつでもある。

全長×全幅×全高=5122×1894×1448mmというディメンションは、先代より22mm長く6mm狭く12mm低いボディサイズ。ホイールベースは3032mm。上級グレードの「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」に用意されるLWBでは、全長は5247mm、ホイールベースが3157mmにストレッチされる。

■先進のテクノロジーを使いやすく

キャビンスペースは、ウッドほかのパネルでアーチ状に囲われ、センターコンソールに丸形のセレクターを持つ「ジャガードライブセレクター」を配置。インパネには照明付きのエアベントや、アナログ時計など丸形の意匠が反復される。
シートやトリムのレザーには、英国のクラフツマンシップを思わせる丁寧なステッチが施される。

メーターナセル内には液晶モニター「バーチャルインスツルメント」が備わる。ここには3眼メーターが立体的に表示されるほか、ステアリングホイールに備わるスイッチ「インタラクティブコントロール」を操作して他の情報を映し出し、各種機能をコントロールすることができる。インパネ中央に配される「タッチスクリーン式HDディスプレイ」では画面を触ることで、カーナビだけでなく、エアコンやAVの操作が可能。さらにデュアルビューの採用によって、ドライバーとパッセンジャーそれぞれが違う映像を観ることもできる。
これらに、ふたつのUSBポートを持つ「メディアハブ」を加え、先進のテクノロジーを、シンプルに使いやすくした技術を、ジャガーでは「iTech」=Intuitive Technology(直感的テクノロジー)と呼んでいる。

エクステリアは14色、インテリアカラーは14パターン、ベニアを11種、シート&トリムの革を3種、アルミホイールを7種そろえるなど、様々な組み合わせが用意されるのも、「XJ」が提案する“パーソナル・ラグジュアリー”のひとつである。

■510psの最強エンジンも

エンジンはすでに「XK」や「XF」に搭載される、新開発の5リッターV8を採用。「ラグジュアリー」「プレミアムラグジュアリー」「ポートフォリオ」のSWBには、NAユニット(385ps、52.5kgm)を搭載。「ポートフォリオ」のLWBにはスーパーチャージド(470ps、58.6kgm)を、最上級の「スーパースポーツ」ではSWBとLWBともに、そのハイチューン版(510ps、63.7kgm)が採用される。
トランスミッションはすべてのエンジンに、6段オートマチックが組み合わされ、ステアリングパドルでのマニュアル変速も可能となる。

従来型を踏襲したサスペンションは、連続可変ダンパー付きのエアサスを採用。電子制御ダンパーは1秒間に最高500回の頻度で、セッティングを調節する。さらに、上級グレードには、トラクションコントロールとABS、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)を統合制御する、「アクティブディファレンシャルコントロール」も与えられる。

溶接部分を持たず、接着とリベット止めで組み立てられるアルミモノコックボディは、新型にも継続して採用された。軽量化と高剛性化を実現し、ハンドリング性能や乗り心地の向上に寄与すると謳われる。なお、このアルミは50%がリサイクル材であることなど、環境への配慮も訴えられる。

前後重量配分は51:49。ハンドリング性能の良さが期待できる数値だ。

■B&Wのオーディオは1200Wの大出力

安全装備としては、前席のフロント&サイドエアバッグとカーテン式サイドエアバッグを標準で採用。衝突時にボンネットが浮き上がり歩行者頭部を保護する「ペデストリアンコンタクトセンシング」も、全車に装着される。

CDチェンジャーは備わらないが、30GBのハードディスクドライブに音楽をストックすることが可能。HDDナビももちろん標準搭載される。さらに「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」には、20個のスピーカーを配置し、1200Wの大出力を誇るBowers&Wilkins社製のプレミアムサウンドシステムが用意される。

LWBでは後席乗員用の機能も充実。リアエンターテイメントシステムや、前後左右独立調整式エアコン、リアサンブラインドなどが標準装備される。

(webCG 本諏訪)


ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸の画像
XJを手がけたジャガーカーズ社デザインディレクターのイアン・カラム氏(左)。右はジャガー・ランドローバー・ジャパンのデービッド・ブルーム代表取締役社長。
XJを手がけたジャガーカーズ社デザインディレクターのイアン・カラム氏(左)。右はジャガー・ランドローバー・ジャパンのデービッド・ブルーム代表取締役社長。

ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸の画像

ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸の画像

ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸の画像

ジャガーの旗艦「XJ」が日本に上陸の画像
トランクルームはスイッチで開閉が可能。開く角度も任意に調整できる。
トランクルームはスイッチで開閉が可能。開く角度も任意に調整できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る