「ホンダEV-N」
往年の名車がEVで復活!? 「ホンダEV-N」

往年の名車がEVで復活!? 「ホンダEV-N」

本田技研工業は、2009年10月21日のプレスデイで幕を開ける第41回東京モーターショーに、コンパクトな電気自動車「EV-N」を出展する。

全長3m以下。ホイールベースは、2mを切る。
往年の名車がEVで復活!? 「ホンダEV-N」
薄型液晶ディスプレイを中央に配した、シンプルなインテリア。
往年の名車がEVで復活!? 「ホンダEV-N」
 
往年の名車がEVで復活!? 「ホンダEV-N」

■目指したのは、“身近なEV”

「ホンダEV-N」は、コンパクトシティコミューターを謳う、電気自動車のコンセプトカー。

「乗る人に愛着を、街の人にも親しみを感じさせる」というその外観は、1967年にデビューしたホンダの軽自動車「N360」を彷彿とさせるもの。寸法を全長×全幅×全高=2860×1475×1515mmの超コンパクトサイズにおさめたのも、街なかを気軽に移動してほしいとの配慮からで、総じて「日常的に付き合いやすい楽しいEV」が目標とされている。

インテリアは非常にシンプルなデザインでまとめられ、シートに100%リサイクル可能な素材を用いるなど、EVらしいエコな要素が盛り込まれる。

フロントグリルやサイドミラー、リアゲートに備わるランプを使って、ドライバーや歩行者とコミュニケーションが図れるというのも、フレンドリーな新しい試みだ。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。