【スペック】全長×全幅×全高=4705×1785×1395mm/ホイールベース=2760mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpm)/価格=860.0万円(テスト車=890.0万円)

メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)【ブリーフテスト】

メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT) 2009.09.29 試乗記 ……890.0万円
総合評価……★★★★

メルセデスのEファミリーに、2ドア4シーターの「Eクラスクーペ」が加わった。セダンよりひと回り小さく、スタイリッシュに仕上がったクーペの、走りと機能をテストする。

セダンとは別モノ

2代続いた「CLK」の後釜として、メルセデス・ベンツが世に送り出すミディアムサイズのクーペが、このEクラスクーペだ。Eクラスを名乗るだけあって、デザインはもちろんのこと、パワートレインや装備などはEクラスセダンに準ずる一方、ステアリングやサスペンションといったベースの部分は、どちらかというとCクラスに近い。このEとCのいいとこ取りが、ひと回り小さく仕上がったボディとスポーティな足まわりを実現し、Eクラスセダンとは違う、クーペならではの軽快感をもたらしている。このクルマにEクラスセダンの2ドア版を期待すると「ちょっと違う」ということになりかねないが、別の“人格”を求める人には、むしろこのほうがうれしいはずだ。
そんなEクラスクーペにおける一番の見どころは、セダンよりお似合いのエクステリアだろう。角目のツインヘッドライトやエッジの効いたフォルム、ドアに分断されずに済んだ特徴的なリアフェンダーなど、クーペスタイルとの相性はバッチリ。颯爽たる姿こそEクラスクーペの魅力なのだ。

 
メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)【ブリーフテスト】の画像
 
メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る