特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

2012.10.24 自動車ニュース
「アバルト・プント スーパースポーツ」
特別な「アバルト・プント」、2モデルで発売

特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年10月24日、スポーティーなハッチバック車「アバルト・プント エヴォ」を「アバルト・プント」の新名称とするとともに、その特別仕様車である「アバルト・プント スーパースポーツ」「アバルト・プント スコルピオーネ」を発売した。

「アバルト・プント スコルピオーネ」
特別な「アバルト・プント」、2モデルで発売

今回の改称は、「アバルト・プント エヴォ」のベースモデルである「フィアット・プント エヴォ」が「フィアット・プント」へとその名を変更したことによるもの。
ただし、商品としての内容はこれまでと変わらず、走行性能を向上させるオプション「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」「アバルト・プント KONIキット」も用意される。

同時に、「アバルト・プント」の特別仕様車も2車種発売された。

そのうち「アバルト・プント スーパースポーツ」は、「グリージョ カンポヴォーロ(グレー)」のボディーカラーと、ボンネットおよびルーフパネルのマットブラックペイント&スペシャルストライプ、専用17インチアロイホイールなどが特徴。
エンジンのアウトプットも、163ps/5500rpm、25.5kgm/2500rpmから180ps/5750rpm、27.5kgm/2500rpmへと増大している。

もう1台の「アバルト・プント スコルピオーネ」はさらに走りにこだわったモデルで、40台の限定で販売される。
「アバルト・プント スーパースポーツ」と同様のエンジンパフォーマンス(180ps、27.5kgm)が与えられるほか、より高性能なブレーキシステムやサスペンションが備わるなど、あらかじめ「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」を組み込んだ仕様となっている。
ボディーカラーは「ネロ スコルピオーネ(ブラック)」で、これまた「アバルト・プント スーパースポーツ」と同じペイントやストライプで飾られる。ブラックの18インチアロイホイールや、アルカンターラを用いたSabelt製のフロントシートも特別な装備だ。

価格は、以下のとおり。

・「アバルト・プント」:289万円
・「アバルト・プント スーパースポーツ」:309万円
・「アバルト・プント スコルピオーネ」:374万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る