【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)/価格=366万円(テスト車=395万4000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【ブリーフテスト】

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT) 2009.09.28 試乗記 ……395万4000円
総合評価……★★★

6代目「ゴルフ」に、人気のスポーティグレード「GTI」が加わった。最新ゴルフの造りと走りを河村康彦がテストする。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ドライビング流儀の変革

実用的なだけではなく、スポーティなゴルフを創りたい−−そんなエンジニアの夢から生まれたという初代「ゴルフGTI」が世に生を受けたのは1976年のこと。以来すでに33年。そしてその時間の流れの中に、6代のモデルが提案されてきたこの「GTI」という記号を持つブランドは、弟分である「ポロ」、さらにはフォルクスワーゲンの末っ子モデルとして生まれた「ルポ」にまでその血統を分け与えながら、コンパクトなスポーツモデルとしての地位を確立させてきた。
そうはいっても、他のモデルと同様にゴルフGTIにも、長い時の流れがそれなりの成長の過程をもたらしてきたことは当然だ。それを象徴するのが、ボディサイズとそこに搭載されるエンジン出力の変遷。たとえば初代モデルでは3.7m級だった全長は、いまや50cmもの拡大が図られた計算になるし、110psだったエンジン出力も最新モデルでは、そこからさらに100ps以上ものアップ。そもそもはスペース効率重視で考案された四角いボディを、限られた排気量のエンジンをガンガン回してスポーティに走らせる……というのが初代ゴルフGTIに固有だったドライビングの流儀。しかし、そんな走りのスタンスも、“今は昔”のハナシ。いわゆる2ボックスハッチバック車中では、最大級のボディと200psを遥かにオーバーする最高出力を発するターボエンジン搭載の最新モデルでは、このあたりの作法にも変革が求められるということなのかもしれない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る