第14戦シンガポールGP決勝結果【F1 09 速報】

2009.09.27 自動車ニュース

【F1 09 速報】第14戦シンガポールGP、ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで今季2勝目

F1世界選手権第14戦シンガポールGP決勝が、2009年9月27日、シンガポールの市街地コース(5.073km)を 61周して行われた。

今年で2回目となるシーズン唯一のナイトレースで、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを達成。第10戦ハンガリーGPに次ぐ今季2勝目をあげた。

2位にはトヨタのティモ・グロックが入り、次戦日本GPに向けて弾みをつけた。3位は前年のシンガポール覇者、ルノーのフェルナンド・アロンソで今季初表彰台となった。

ブラウン対レッドブルのトップ2チームは、優勝争いに絡むことはできなかったが、はっきりと明暗が分かれた。
タイトル争いで後がないレッドブルのセバスチャン・ベッテルは、ピットレーンでのスピード違反でドライブスルーペナルティを受け、それまで維持していた2位の座を失い結果4位でゴール。マーク・ウェバーはブレーキトラブルでスピン、リタイアした。

いっぽうのブラウン勢は、5位ジェンソン・バトン、6位ルーベンス・バリケロとダブル入賞。予選12位のバトンは、先行していたバリケロを終盤抜くことに成功した。タイトルを争うこの2人のポイント差はわずか1点開いたに過ぎないが、3戦を残して15点のリードを保つバトンにとっては大きな1点といえる。

マクラーレンのヘイキ・コバライネンが7位、白熱した8位争いは、BMWザウバーのロバート・クビサがそのポジションを守り切り、最後の1点を手に入れた。

以下、9位中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)、10位キミ・ライコネン(フェラーリ)、11位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、12位ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、13位ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)、14位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メルセデス)らが完走した。

ドライバーズチャンピオンシップは、トップのバトンがポイントを84点とし、2位バリケロに15点差をつけている。ランキング3位のベッテルはバトンの25点後方で、数字上は可能性を残すものの、タイトルはさらに大きく遠のいた。4位ウェバーはこの争いから脱落した。
コンストラクターズ選手権も、153点の首位ブラウン、110.5点の2位レッドブルの戦いはブラウン有利の状況。3位は62点のフェラーリ、その3点後方にマクラーレンが迫っており、前年までの2強が火花を散らしている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。