第110回:ロリ衣装からクルマ消しゴムまで−大矢アキオがいざなう「フランクフルトショー」魅惑の裏話?(前編)

2009.09.26 エッセイ

第110回:ロリ衣装からクルマ消しゴムまで−大矢アキオがいざなう「フランクフルトショー」魅惑の裏話?(前編)

マジメなだけじゃない!

ドイツでは第63回フランクフルトモーターショーが、2009年9月13日から27日まで開催されている。環境対応・省エネルギーの時代を反映し、ボディサイドにCO2排出量が記された展示車やデモカーが、2008年のパリサロンや今年3月のジュネーブショーにも増して多くみられた。ちなみに電気自動車の場合、そのボディサイドの数字は「ゼロ」となる。非常にマジメなデモンストレーションである。

そもそもフランクフルトの報道は、現地メーカーを中心とした怒涛の新車ラッシュに追われるかたちになる。今年も753社がスタンドを展開し、世界初は大小含めて82車種にのぼった。
さらに、“ドイツ=マジメ”という長年のステレオタイプが後押しするかたちで、どうもフランクフルトショーにはお楽しみが薄い感じが漂ってしまう。

ところがどっこい、あるんです。よく見回してみると。
今回と次回は、欧州を流浪するコラムニスト大矢アキオがナビゲートするフランクフルトショーの面白事象をお届けします。

ニューモデル「ヴェンガ」を発表したキアのステージで。
ニューモデル「ヴェンガ」を発表したキアのステージで。
二酸化炭素排出量をボディサイドに記したクルマの目立つこと目立つこと。
二酸化炭素排出量をボディサイドに記したクルマの目立つこと目立つこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。