「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催

2009.09.25 自動車ニュース
自動車が並べられた一角。手前から「ピニンファリーナNIDO」、「ミクロ・ヴェットQUBO」、そしてフィアットやトリノ工科大学らの共同開発によるシティカー「Phylla」など。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催

「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催

2009年9月24日、東京・江東区青海の日本科学未来館で「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」が幕を開けた。

1960年代のレーシングスポーツ「ビッザリーニP538」の車体に直噴エンジンとモーターを組み合わせたパラレルプラグイン式のハイブリッドマシン「エコ・タルガ・フローリオ」。最高出力275psで最高速度238km/hという。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催
1950年代から70年代にかけて、ロードレース世界GPを席巻したMVアグスタ。その現代版である「MVアグスタF4」のカウルやタンクなどを「Superlativa」と呼ばれる真珠貝やレザーで飾った、20台限定の走る芸術品。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催
「チネッリ」「デ・ローザ」「コルナーゴ」などの自転車が並べられたコーナー。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催

■美しいことに意義がある

「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」は、イタリア貿易振興会がイタリア各州政府の協賛のもと、「日本におけるイタリア 2009・秋」の主要なプログラムとして企画開催するものである。

テーマはモビリティ。自動車をはじめ自転車、オートバイ、鉄道、船舶、航空機、そして宇宙開発に至るまで、美しいフォルムと最先端のテクノロジーが融合したMade in Italyの製品および模型を、文化的な見地から紹介するというものだ。

自動車関連の展示は、ピニンファリーナのコンセプトカー「NIDO」、ジウジアーロのコンセプトカー「Quaranta」、ミクロ・ヴェットの電気自動車「QUBO」、往年のレーシングスポーツであるビッザリーニP538の心臓をプラグインハイブリッドとした「エコ・タルガ・フローリオ」、そして既報の「フィアット500PUR-O2」など。いずれも機能性と美しさに加え、環境への配慮も備えていることが特徴である。

鉄道や船舶、航空機はスぺースの制約から模型の展示となったが、オートバイや自転車はもちろん実物が並べられていた。「ドゥカティ」や「MVアグスタ」、「チネリ」や「デローザ」など、製品それ自体がスタイリッシュであることもさることながら、その魅力を最大限に引き出すディスプレイにも目を見張った。

さらに車両関連サービスのアイテムとして、タイヤチェンジャーやホイールバランサーなどの整備機器や、「ブレンボ」のブレーキや「マニエッティ・マレリ」の電子制御システムなどの部品類までもが、まるで美術館の芸術作品のように展示されているのにも驚かされた。

オープニングセレモニーで、主催者が幾度となく「イタリア製品は、昔から一貫して機能や性能と同時に美しさを追求している」という意味合いのコメントを口にしていたが、その言葉が実感として伝わってくるイベントといえよう。

「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」は、2009年10月17日まで開催される。入場は無料である。

「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア」
http://www.italy-zigzag.net/

(文と写真=田沼 哲)

タイヤチェンジャー、ホイールバランサーなどの整備器具類をアートのように展示。イタリア人にしかできない芸当だろう。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催
高円宮妃殿下をお迎えして行われたオープニングセレモニーで、テープカットに臨む毛利衛科学未来館館長、ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使ら。左後方に「ジウジアーロQuaranta」、右後方に「マセラティ・グラントゥーリズモS」が展示されている。
「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア展」開催

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。