「レクサスRX450h」に省燃費・低価格のFFモデル追加

2009.09.25 自動車ニュース

「レクサスRX450h」に省燃費・低価格のFFモデル追加

レクサスは、ハイブリッドSUV「RX450h」にFFモデルを追加し、2009年10月29日に発売すると発表した。

■4WD比でおよそ25万円安

「RX450h」は、3.5リッターエンジンにフロントモーター(167ps)とリアモーター(68ps)を組み合わせた、ユニークなハイブリッドシステムを特徴としていたモデル。そのハイブリッドSUVに、リアモーターを取り、前輪駆動としたモデルが追加された。

リアモーターを非搭載としたことで、軽量化、省燃費化、低価格化を実現。車重は4WDモデルより60kgほど軽くなり、燃費は10・15モードで19.4km/リッター(AWDは18.8km/リッター)、JC08モード燃費は17.4km/h(同16.8km/リッター)を実現した。

システム全体の出力は、4WDモデルとかわらず、最高出力249ps/6000rpm、最大トルク32.3kgm/4800rpmを発生。なお、環境対応車普及促進税制により、取得税と重量税が100%免税されるとともに、いわゆる「エコカー補助金制度」の対象にもなっている。

価格は、FFモデルが545.0万円から600.0万円で、4WDモデルは570.0万円から650.0万円。FFと4WDの価格差は25.0万円で、「version S」のみ装備(電動アクティブスタビライザー装着の有無)の関係から価格差は55.0万円となる。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
RXレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
  • レクサスRX200t“バージョンL”(FF/6AT)/RX450h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.16 試乗記 7年ぶりに一新された、高級クロスオーバーの売れ筋モデル「レクサスRX」。パワーユニットの異なる2車種に試乗して、その実力を確かめた。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る