ホンダ、一輪車スタイルのパーソナルモビリティ「U3-X」を公開

2009.09.25 自動車ニュース

ホンダ、一輪車スタイルのパーソナルモビリティ「U3-X」を公開

ホンダは、人の歩行のような前後左右や斜めへの動きと、人の歩幅、肩幅に収まるコンパクトサイズを両立したパーソナルモビリティ技術を新開発し、2009年9月24日に試作機「U3-X」を公開した。今後は、実際の用途に対する検証も含め、研究開発を継続していくという。

新開発のパーソナルモビリティ技術は、CMでもおなじみの二足歩行ロボット「ASIMO」の研究開発で培ったバランス制御技術と、前後移動に加え、真横や斜めにも移動できる世界初(ホンダ調べ)の全方位駆動車輪機構(HOT Drive System)により、わずかに体重移動するだけで速度や方向が調整でき、さまざまな方向に動き、曲がり、止まれるというもの。
「U3-X」は、全長×全幅×全高=315×160×650mmで重量は10kg以下。バッテリーはリチウムイオン電池を採用し、フル充電で1時間走行できる。最高速は6km/h。ホンダは、乗車時に足着き性が良く、目線の高さを歩行者なみとするなど、「乗る人と周囲の人に優しい、コンパクトなサイズの一輪モビリティ」と説明する。車体には折りたたみ式のシートやステップ、持ち運び用のハンドルなどを内蔵。モノコック構造を採用したボディカバーはフレーム機能を兼ねる。

バランス制御技術は、竹ぼうきを手のひらの上で直立させることを例にあげて説明された。体重移動による車体の傾きを傾斜センサーで検知して、乗員がどの方向にどの程度の速度で移動したいのかを判別。そのデータに基づいて、傾きを回復させる緻密な制御を行い、なめらかで機敏な動きと、体重移動だけの簡便な操作性を実現したという。

一方の「HOT Drive System」は、複数の小径車輪を1列につなぎ合わせて構成した大径車輪を、前後左右や斜めに駆動可能としたホンダ独自のもの。車輪をモーターで制御し、大径車輪を動かすことで前後移動、小径車輪を動かすことで左右移動、大径小径それぞれの動きを組み合わせることで斜め移動が可能としている。

「U3-X」は、2009年10月24日より開催される「第41回東京モーターショー2009」に出展される予定だ。

チョイ乗りした感想は……

不思議な乗り物? まず座ってステップに足を置いてもふらつくことなく安定しているのが不思議。そのまま行きたい方向に重心をかけるとゆっくり移動します。止まりたいときは逆方向に重心をかけるか、足を付けばOK。座面が低く、いつでも足が付けるというのは安心です。
制御システムによってバランスをとると聞いてはいても、一輪車に乗っているような感覚で、両手を広げて自らバランスをとってしまいました。とはいっても、一輪車乗ったことないんですけど。

(webCG ワタナベ)

伊東孝紳社長は、新型モビリティ「UX-3」の技術発表に際し「ASIMOのバランスをとる技術を応用して、人に近い人との調和を目指した新しいモビリティの可能性を追求していきたい」と語った。
伊東孝紳社長は、新型モビリティ「UX-3」の技術発表に際し「ASIMOのバランスをとる技術を応用して、人に近い人との調和を目指した新しいモビリティの可能性を追求していきたい」と語った。

ホンダ、一輪車スタイルのパーソナルモビリティ「U3-X」を公開の画像
「HOT Drive System」
「HOT Drive System」
ホンダ、一輪車スタイルのパーソナルモビリティ「U3-X」を公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。