【スペック】全長×全幅×全高=4397×1892×1340mm/ホイールベース=2646mm/車重=1575kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(450ps/7000rpm、47.9kgm/4750rpm)/価格=2259万円(テスト車=2429万5000円)

アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ(FR/6AT)【試乗記】

デジタル・リマスター版スポーツカー 2009.09.25 試乗記 アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ(FR/6AT)
……2429万5000円

ラップタイムよりも感動を。アルファ製スーパーカーは、感性にダイレクトに訴えかけるという素晴らしい性能を備えていた。

ロマンチックなエンジン音

世界限定500台、運転する機会はこれが最初で最後になるかもしれないアルファ・ロメオの高性能スポーツカーを、まずは外からじっくり眺める。ボンネットが長くてボディ後半部が短い、いわゆるロングノーズ、ショートデッキのスタイルはクラシカルで、1960〜70年代のスポーツカーを彷彿とさせる。けれどもそのボディ素材はハイテクで、マセラティで用いられるスチール製の基本骨格に、カーボン製モノコックとカーボンパネルを組み合わせている。つまり、ボディの目に見える部分はほとんどがカーボンということになる。

シートに腰掛けた時に目の前に広がる光景も、古典的なスポーツカーの文法にのっとったもの。センターコンソールにシフトレバーのかわりにスイッチ類が配置されている以外は、インパネの右に回転計、左に速度計を配したオーソドックスなレイアウトだ。ただし、インテリアもエクステリアと同様、素材はハイテク。センターコンソールやメーターナセル、さらにシートのシェル部分などがカーボン、センターコンソールを取り囲む枠などが無垢のアルミとなっている。乱暴に言えば、インテリアの黒っぽいところがカーボン、銀色に光っているところがアルミということになる。

センターコンソールの一番目立つ部分にある、「ENGINE START」と赤字で記された銀色のボタンを押すと、フェラーリ直系の4.7リッターV8が「フォン!」と吼えた。濁りのない、すっごいイイ音! この腹に響いて魂を揺り動かす感覚は、何かに似ている。思い出すのは、F1のエンジン始動シーン。あまりにシビれたので、一度エンジンを切って、もう一度「フォン!」を味わう。何十年か後、『カーグラフィックTV』のオープニングのエンジン始動シーンは、現在の「ブガッティT35」からこの「アルファ8C」になっているかも(?)。走り始めても、とにかくエンジンの音にうっとりしたりコーフンしたり。V8エンジンは、低回転域では木管楽器の温かみのある音を聞かせる。一方で、高回転域ではジミヘンのギターのように暴力的でありながらも美しい音を鳴らす。


アルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ(FR/6AT)【試乗記】の画像
センターコンソールと灰皿の間のプレートには、イタリア国旗のカラーリングがあしらわれる。さらに、オーナーの国籍を示す国旗と名前も、ここに刻まれる。
センターコンソールと灰皿の間のプレートには、イタリア国旗のカラーリングがあしらわれる。さらに、オーナーの国籍を示す国旗と名前も、ここに刻まれる。
エンジンルーム後方におさまる、8Cの心臓。その天辺には、おなじみアルファ・ロメオのエンブレムが輝く。
エンジンルーム後方におさまる、8Cの心臓。その天辺には、おなじみアルファ・ロメオのエンブレムが輝く。
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
ホームへ戻る