エコ仕様の「フィアット500 PUR-02」が日本に上陸

2009.09.24 自動車ニュース
フィアット500 PUR-02
エコな「フィアット500 PUR-02」が日本に上陸

エコ仕様の「フィアット500 PUR-02」が日本に上陸

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、フィアット500のエコモデル「PUR-02」を、東京・お台場で開催中の展示会に出展した。

マイクロソフトと共同開発した「eco:Drive」を搭載。車載コンピュータがモニタリングした運転情報データをUSBを介してPCに読み込ませると、専用ソフトウェアが解析し、省燃費や排出量削減のためのアドバイスをしてもらえる。
エコな「フィアット500 PUR-02」が日本に上陸

■運転パターンをPCが診断

日本初披露となる「フィアット500 PUR-02」は、フィアット500の1.2リッターエンジン搭載車をベースに、アイドリングストップ機構や運転解析装置を搭載した低燃費・低CO2排出仕様だ。

「Start&Stop」と呼ばれるアイドリングストップ機構は、信号待ちなどで停止するとエンジンが自動的にストップし、ドライバーがブレーキペダルから足を離すか、ギアを操作するとエンジンが再始動するシステム。これにより燃料消費は約12%低減するという。

もうひとつの注目デバイスは、「eco:Drive」と名付けられた運転解析装置。米マイクロソフト社との共同開発で生まれたこのシステムは、車載コンピュータがドライバーの運転スタイルをモニタリングし、そのデータをUSBメモリを介してパソコンに転送すると、専用ソフトウェアがデータを解析、省燃費やCO2排出量削減のためのアドバイスをしてくれるというもの。これらの技術は、すでに欧州仕様に搭載されている。

フィアット500 PUR-02は、2009年9月24日から10月17日まで、東京・お台場の日本科学未来館にて開催される「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア」に出展される(日本導入は未定)。同イベントでは、自動車をはじめ、オートバイ、自転車、鉄道、船舶から宇宙開発にいたるまで、イタリア企業によるサステナブルモビリティを目指した取り組みや最先端技術を一挙に見られる。

●ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア
http://www.italy-zigzag.net/

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る