「ジャガーXF」にスポーティでラクシャリーな限定車

2009.09.24 自動車ニュース

「ジャガーXF」にスポーティでラクシャリーな限定車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーティセダン「XF」に、スーパーチャージャー付きエンジンを搭載した限定車を設定し、2009年9月24日に発売した。販売台数は15台のみ。

特別限定車「XFスーパーチャージド」は、豪華なインテリアを持ちながら強力なパワーユニットを搭載、ドライビングダイナミクスも高めた、スポーティかつラクシャリーなモデル。
インテリアはウッドとアルミニウムのパネルと、レザーのトリムが使われた、最も豪華な仕様である「ポートフォリオ」のそれを受け継ぐ。エンジンは最強モデル「XFR」の510psよりマイルドなチューンではあるものの、470psという高出力を発生するスーパーチャージドエンジンが搭載された。

さらに、通常はXFRのみに装着される電子制御LSDの「アクティブディファレンシャルコントロール」と、電子制御サスペンションの「アダプティブダイナミクス」を特別装備。さらに、車間距離を自動調整する「アダプティブクルーズコントロール」や、緊急時にブレーキをサポートする「アドバンスドエマージェンシーブレーキアシスト」も標準で与えられた。

ボディカラーは、クラレット、アルティメットブラック、ポーセリンの3色を用意。右ハンドルのみ15台が限定販売される。価格は1050.0万円。

(webCG 本諏訪)

写真は「ジャガーXFポートフォリオ」
写真は「ジャガーXFポートフォリオ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る