【スペック】全長×全幅×全高=4700×1785×1505mm/ホイールベース=2700mm/車重=1640kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.1kgm/4400rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=415万円(テスト車=463万7200円)

レクサスHS250h“バージョンS”(FF/CVT)【ブリーフテスト】

レクサスHS250h“バージョンS”(FF/CVT) 2009.09.24 試乗記 ……463万7200円
総合評価……★★★★


発売1ヵ月で約1万台の受注が伝えられるなど、販売好調な「レクサスHS250h」。レクサスの、そしてハイブリッドならではの走りとはどういうものなのか?

燃費だけではない魅力

レクサス初のハイブリッド専用車としてデビューした「HS250h」のパワートレインは、2.4リッターエンジンと電気モーターの組み合わせである。5リッターエンジンの「LS600h」、3.5リッターの「GS/RX450h」と比べると、ハイブリッド化による数字の上乗せはずいぶん控えめだが、それこそがHS250hの狙いを端的に示していると言えるだろう。パワーと燃費のバランスが、より燃費の方に振れたということだ。
しかもこのHSはレクサス初のFFセダンでもある。プラットフォームはプリウスと共通。そうなると気がかりは、その走りがレクサスの名に相応しい仕上がりになっているかということだが、結論から言えば心配は杞憂であった。
同クラスにISも存在していることもあり、またそうした諸々の条件も作用しているのだろう。スポーティさよりエコが優先され、居住性やパッケージングが重視されたこのHS250hは、かえって素直に行き届いたもてなし、上質で口当たりの良い走りっぷりといった、好ましいレクサスらしさが表現できている感がある。
ハイブリッドだけに燃費も、10・15モードでヴィッツすら上回る23.0km/リッターを達成するなどきわめて優秀だが、HSの魅力はそれだけではない。ハイブリッドにしかできないその走りの上質感こそ、実はなによりの果実だと言えるのではないだろうか。
正直に言えば、このスタイリングはちょっとね……とは思う。しかしそれすらもCd値0.27という優秀な空力性能と、高効率なパッケージングを考えれば、まあ納得するほかない。そもそも今はカッコ良いということ、スタイリッシュだということの概念が急速にシフトしている時代だ。HS250hの絶好調なセールス、それらすべてを勘案すれば、何の不思議も無いというのが偽らざる実感である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

HSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る