第109回:「お色気トラック」に自動追尾オン!

2009.09.19 エッセイ

第109回:「お色気トラック」に自動追尾オン!

困ったトラック運転手

日本の自動車メディアが伝える伝統的イメージからすると、欧州の高速道路はドライバー全員のマナーがきわめて良いことになっている。しかし本当はというと、決してそうとは断言できない。事実、シートベルトやチャイルドシートの未着用、運転中の電話や携帯メール、酒・薬物を飲んでの事故は、各国で深刻な問題となっている。
イタリア交通警察が2007年に取り締まった運転中の携帯使用は約4万7000件で、前年比16%増だった。フランスでは死亡事故の7%が携帯電話使用時に起きている。

困ったものなのは、高速道路を走る長距離トラックのドライバーたちだ。退屈しのぎに携帯通話や携帯メールはもちろん、雑誌を読みふけったり、ときにはこちらで有名なパズル雑誌にいそしんでいたりする。
さらに、片足をダッシュボードに上げて運転しているドライバーもいる。ボクはそうしたドライバーをバックミラー上に発見すると、できるかぎり車線を変える。だが、これまたイタリアの悪しき慣習で、追い越し車線が“満車状態”だったりするので避けるに避けられないことが多い。

40過ぎても職業意識まるでなし、毎日つれづれなるままに原稿を書いているボクに精神論を振りかざす資格はないが、それにしても安全意識の低いプロに憤慨する。

おいしそうなトラック。バイオ食品で知られるヒップ社のもの。(写真1)
おいしそうなトラック。バイオ食品で知られるヒップ社のもの。(写真1)
フェルカム社の児童絵画もの。(写真2)
フェルカム社の児童絵画もの。(写真2)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。