「トヨタ・アイシス」、エンジン変更で燃費向上

2009.09.18 自動車ニュース
「トヨタ・アイシス」
「トヨタ・アイシス」、エンジン変更で燃費向上

「トヨタ・アイシス」、エンジン変更で燃費向上

トヨタ自動車は、ミニバン「アイシス」に手直しを施し、2009年9月18日に発売した。


「トヨタ・アイシス」、エンジン変更で燃費向上

今回、エンジンを新型「ウィッシュ」に採用されているバルブマチック搭載ユニットに変更。全車CVTを組み合わせることで、燃費の向上を図った。
10・15モードの燃費値は、1.8リッターのFFモデルで16.4km/リッター、同4WDモデルが13.6km/リッター、2リッターモデル(FFのみ)は15.2km/リッターを達成。それぞれ環境対応車普及促進税制に適合し、1.8リッターモデルで75%、2リッターモデルで50%、取得税と重量税が減税される。

ほか機能面では、全車にスマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、車速感応式オートドアロック、チルト&テレスコピックステアリングを標準装備。
内外装は、フロントグリル、フロントエンブレム、センターパネル、ドアトリムなどの意匠を改め、ボディカラーに新色「ターコイズマイカメタリック」「レッドマイカメタリック」を追加した。

価格は、「L“Xセレクション”」(1.8リッター/FF)の188万7000円から「G“Uセレクション”」(2リッター/FF)の259万3000円まで。

なお、特別仕様車や福祉車両(ウェルキャブ)についても同様の変更がなされ、「プラタナ“Limited”」では新たに「ブラックマイカ」のボディカラー、「ダークグレー」のインテリアカラーが加えられた。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る