ショーの華、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】

2009.09.18 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】ショーの華、魅惑のイタリアメーカー

出展ボリュームは少ないながらも、味のある魅力的なモデルをフランクフルトショーに持ち込んだのが、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティのイタリアンメーカーだ。

■華麗なスポーツカー続々

華やかさや元気の良さでは、イタリア各社の右に出る者はない。その最たるモデルが、「フェラーリ458イタリア」だ。この新しいV8リアエンジンフェラーリには、最高出力570psを誇る4.5リッターV8エンジンとデュアルクラッチタイプの7段F1ギアボックスが搭載され、0-100km/h加速3.4秒の実力を手に入れている。それ以上に注目したいのが、その華麗なフォルム。個性的なフロントマスクと流れるようなプロファイルに、スタンド前の視線は釘付けだ。

一方、ランボルギーニは、「レヴェントンロードスター」を披露。レヴェントンといえば、2年前のフランクフルトショーにクーペモデルが出展され、その後、わずかな台数が生産された稀少な存在。そのオープン版が「レヴェントンロードスター」で、110万ユーロという高額ながら、2009年10月から販売されることが決定した。搭載される6.5リッターV12エンジンは670psを誇り、ビスカスカップリングを用いたフルタイム4WDシステムにより、強大なパワーをスピードに変える。0-100km/h加速タイムは3.4秒。

マセラティも、グラントゥーリズモのオープンモデルである「グランカブリオ」を発表。伝統的なソフトトップを採用することにより、マセラティらしいエレガントなスタイルを実現している。マセラティブランドとしては初となる4シーターカブリオレの登場により、「クワトロポルテ」「グラントゥーリズモ」、そして、「グランカブリオ」という新しいラインナップが完成し、より多くのファンを引きつけることになるだろう。

(文と写真=生方聡)

 
どこよりも華やか、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】
「フェラーリ458イタリア」
どこよりも華やか、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】
「ランボルギーニ・レヴェントンロードスター」
どこよりも華やか、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】
「マセラティ・グランカブリオ」
どこよりも華やか、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

458イタリアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る