ショーの華、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】

2009.09.18 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】ショーの華、魅惑のイタリアメーカー

出展ボリュームは少ないながらも、味のある魅力的なモデルをフランクフルトショーに持ち込んだのが、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティのイタリアンメーカーだ。

■華麗なスポーツカー続々

華やかさや元気の良さでは、イタリア各社の右に出る者はない。その最たるモデルが、「フェラーリ458イタリア」だ。この新しいV8リアエンジンフェラーリには、最高出力570psを誇る4.5リッターV8エンジンとデュアルクラッチタイプの7段F1ギアボックスが搭載され、0-100km/h加速3.4秒の実力を手に入れている。それ以上に注目したいのが、その華麗なフォルム。個性的なフロントマスクと流れるようなプロファイルに、スタンド前の視線は釘付けだ。

一方、ランボルギーニは、「レヴェントンロードスター」を披露。レヴェントンといえば、2年前のフランクフルトショーにクーペモデルが出展され、その後、わずかな台数が生産された稀少な存在。そのオープン版が「レヴェントンロードスター」で、110万ユーロという高額ながら、2009年10月から販売されることが決定した。搭載される6.5リッターV12エンジンは670psを誇り、ビスカスカップリングを用いたフルタイム4WDシステムにより、強大なパワーをスピードに変える。0-100km/h加速タイムは3.4秒。

マセラティも、グラントゥーリズモのオープンモデルである「グランカブリオ」を発表。伝統的なソフトトップを採用することにより、マセラティらしいエレガントなスタイルを実現している。マセラティブランドとしては初となる4シーターカブリオレの登場により、「クワトロポルテ」「グラントゥーリズモ」、そして、「グランカブリオ」という新しいラインナップが完成し、より多くのファンを引きつけることになるだろう。

(文と写真=生方聡)

 
ショーの華、魅惑のイタリアメーカー【フランクフルトショー09】の画像
「フェラーリ458イタリア」
「フェラーリ458イタリア」
「ランボルギーニ・レヴェントンロードスター」
「ランボルギーニ・レヴェントンロードスター」
「マセラティ・グランカブリオ」
「マセラティ・グランカブリオ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
ホームへ戻る