フィアット、「アバルト500」に左ハンドル仕様追加

2009.09.18 自動車ニュース

フィアット、「アバルト500」に左ハンドル仕様追加

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2009年9月17日、コンパクトカー「フィアット500」ベースのスポーツモデル「アバルト500」に左ハンドル仕様を追加設定し、2009年10月1日に発売すると発表した。

今回発売する左ハンドル仕様は、2009年4月18日に発売した右ハンドル仕様の「アバルト500」と、スペックや装備はすべて同じ。
エンジンは、ベースとなる「フィアット500」の1.4リッター直4DOHCにターボチャージャーを装備し、最高出力135ps/5500rpmと、最大トルク18.4kgm/4500rpmを発生。トランスミッションは5段マニュアル。価格も右ハンドル仕様と同じ295.0万円となる。

なお、シフトアップインジケーター付過給圧計は、右ハンドル仕様のダッシュボード上ではなく、スピードメーターの左隣に配置される。

(webCG ワタナベ)

「アバルト500」。写真のアロイホイールと、赤のミラーカバー、サイドストライプはオプション。
「アバルト500」。写真のアロイホイールと、赤のミラーカバー、サイドストライプはオプション。

関連キーワード:
500アバルトフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る