「スズキ・パレット」に新型CVT搭載、姉妹モデルも登場

2009.09.17 自動車ニュース

「スズキ・パレット」に新型CVT搭載、姉妹モデルも登場

スズキは、軽乗用車「パレット」に、副変速機構付CVTを搭載するなど一部改良を実施。また、専用デザインの姉妹車「パレットSW」を追加設定し、2009年9月17日に発売した。

今回の主な変更点は、新型CVTの採用とエンジンの改良。新たに搭載されるCVTは、前進2段の変速機構と従来のベルト式CVTを組み合わせた副変速機構付CVT。エンジンは、シリンダーヘッドやインテークマニホールドなどを変更したことで、低速トルクが向上し、発進時の加速を向上と、低燃費を実現したという。

また、改良された「パレット」の姉妹車として、専用の外観デザインに、ブラック基調の内装を採用した「パレットSW」が追加された。
ファミリー層に加え若年独身層をターゲットにする「パレットSW」は、ディスチャージヘッドランプとスケルトン構造のフロントグリルを横一列に並べたレイアウトで、シャープで力強い印象としている。さらにフロントエアロバンパーや、スモークタイプのリアコンビーネーションランプ、専用デザインの14インチアルミホイールなどが装備される。
インテリアは、ピアノブラック調塗装の専用ドアアームレストや、専用シート表皮を採用する。

装備面では、メーカーオプションでパレットの上級モデル「X」と「パレットSW」全車に「バックモニター付CDプレイヤー」を設定。ギアをバックに入れると、リアドアに内蔵されたカメラの映像が液晶モニターに映し出され、車庫入れなどをサポートする。

ボディカラーは、パレットが新色の水色(アクアベールブルーパールメタリック)と桃色(ブルームピンクメタリック)などを含め全6色を設定。パレットSWは、白色(パールホワイト)や濃灰色(ルナグレーパールメタリック)など落ち着いた色調の全6色を用意する。

価格は、パレットが「G」(FF/4AT)の113万4000円から「X」(4WD/CVT)の138万9150円。パレットSWは「GS」(FF/4AT)の135万4500円から「TS」(4WD/CVT)の167万7900円。

(webCG ワタナベ)

「パレット」
「パレット」
「スズキ・パレット」に新型CVT搭載、姉妹モデルも登場の画像
「パレットSW」
「パレットSW」

「スズキ・パレット」に新型CVT搭載、姉妹モデルも登場の画像
4.3インチ液晶モニターを内蔵した「バックモニター付CDプレイヤー」。
4.3インチ液晶モニターを内蔵した「バックモニター付CDプレイヤー」。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る