“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー

2009.09.17 自動車ニュース

“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー

ベントレーモーターズジャパンは2009年9月17日、新型車「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」を日本でデビューさせた。

■最速、最強!

「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」は、今年3月のジュネーブショーで世界初公開された、“究極のベントレー”を豪語するニューモデルだ。

従来のハイパフォーマンスモデル「コンチネンタルGTスピード」をベースに、さらに走りを先鋭化。
6リッターW12型ユニットは、ターボの過給圧とコンピュータマネージメントの変更により、GTスピードを20ps、5.2kgm上まわる630ps、81.6kgmを発生。従来より素早いギアチェンジを可能にするトルコン式6段AT「クイックシフト」を介し、四輪を駆動する。その前後トルク配分が50:50から40:60に改められているのも、スーパースポーツならではだ。
実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速=3.9秒、最高速度=329km/h。ベントレー史上最も速く、最もパワフルだという。

ガソリンだけでなく、最高85%まで植物由来のバイオエタノールを混合した「フレックス燃料」でも走行できるというのも、今どきのセリングポイント。目下、日本を含む多くの市場でこの燃料は使えないものの、将来的な普及具合によっては、同社のフレックス燃料仕様車拡大とあわせ、CO2排出量を大きく削減できる可能性があると主張する。

エクステリアは、フロントサイドに穿たれた縦長のエアインテークや、カスタムメイドの20インチスーパースポーツホイールなどが、ほか「コンチネンタルGT」シリーズとの識別点。

一方のインテリアは、リアシートを取り除いた完全な2シーター仕様になっており、フロントシートそのものもカーボン製シートバックを用いたライトウェイトスポーツシートに変更。車体全体で110kgに及ぶという軽量化に貢献している。

価格は3150.0万円。日本国内では年間10台程度の販売が見込まれており、デリバリーは2010年第一四半期から開始されるという。

(webCG 関)

「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」
「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」
ベントレー史上最強を謳う、630psの心臓部。
ベントレー史上最強を謳う、630psの心臓部。
完全に2シーター化されたインテリア。4座にするプランもオプションで用意される。
完全に2シーター化されたインテリア。4座にするプランもオプションで用意される。
楕円型のサイレンサーエンドも、このモデルの特徴。“最強の価格”にふさわしく、カーボンセラミックブレーキなど高価な装備が標準で備わる。
楕円型のサイレンサーエンドも、このモデルの特徴。“最強の価格”にふさわしく、カーボンセラミックブレーキなど高価な装備が標準で備わる。
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
ホームへ戻る