“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー

2009.09.17 自動車ニュース

“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー

ベントレーモーターズジャパンは2009年9月17日、新型車「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」を日本でデビューさせた。

■最速、最強!

「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」は、今年3月のジュネーブショーで世界初公開された、“究極のベントレー”を豪語するニューモデルだ。

従来のハイパフォーマンスモデル「コンチネンタルGTスピード」をベースに、さらに走りを先鋭化。
6リッターW12型ユニットは、ターボの過給圧とコンピュータマネージメントの変更により、GTスピードを20ps、5.2kgm上まわる630ps、81.6kgmを発生。従来より素早いギアチェンジを可能にするトルコン式6段AT「クイックシフト」を介し、四輪を駆動する。その前後トルク配分が50:50から40:60に改められているのも、スーパースポーツならではだ。
実際のパフォーマンスは、0-100km/h加速=3.9秒、最高速度=329km/h。ベントレー史上最も速く、最もパワフルだという。

ガソリンだけでなく、最高85%まで植物由来のバイオエタノールを混合した「フレックス燃料」でも走行できるというのも、今どきのセリングポイント。目下、日本を含む多くの市場でこの燃料は使えないものの、将来的な普及具合によっては、同社のフレックス燃料仕様車拡大とあわせ、CO2排出量を大きく削減できる可能性があると主張する。

エクステリアは、フロントサイドに穿たれた縦長のエアインテークや、カスタムメイドの20インチスーパースポーツホイールなどが、ほか「コンチネンタルGT」シリーズとの識別点。

一方のインテリアは、リアシートを取り除いた完全な2シーター仕様になっており、フロントシートそのものもカーボン製シートバックを用いたライトウェイトスポーツシートに変更。車体全体で110kgに及ぶという軽量化に貢献している。

価格は3150.0万円。日本国内では年間10台程度の販売が見込まれており、デリバリーは2010年第一四半期から開始されるという。

(webCG 関)

「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ」
“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー
ベントレー史上最強を謳う、630psの心臓部。
“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー
完全に2シーター化されたインテリア。4座にするプランもオプションで用意される。
“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー
楕円型のサイレンサーエンドも、このモデルの特徴。“最強の価格”にふさわしく、カーボンセラミックブレーキなど高価な装備が標準で備わる。
“究極のベントレー”、3150万円で日本デビュー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデス・マイバッハS650カブリオレ(その2) 2016.11.17 画像・写真 独ダイムラーがLAショー2016で公開した「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」。このスペシャルな4シーターオープンは、2017年の春に300台限定で30万ユーロ(約3510万円、1ユーロ=117円で換算)で発売される。その姿を画像で紹介。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る