「フィアット500」全車にメンテナンスプログラム

2012.10.25 自動車ニュース
「500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

「フィアット500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

フィアット クライスラー ジャパンは、2012年11月1日から「フィアット500」の全車にメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」標準付帯する。


「500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

「フィアット イージー ケア」とは、新車購入後1年目と2年目の定期点検、および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行うメンテナンスプログラムのこと。これまでは新車購入契約時に別途6万8000円の契約料を支払う必要があったが、2012年11月1日から「フィアット500」全車に標準で付帯される。

また今回、2気筒エンジンを搭載する「ツインエア」モデルについては、充電のタイミングを最適化する「スマートオルタネーター」を装着して燃費(10・15モード)が0.5km/リッター向上させる。
さらに、上級グレードの「500ツインエア ラウンジ」には、これまで設定がなかったブラックのインテリアと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入する。

新価格は以下のとおり。全モデルで4万円〜5万円値上げされる。

・500 1.2 ポップ:199万円(旧価格は195万円)
・500ツインエア ポップ:220万円(同215万円)
・500ツインエア ラウンジ:250万円(同245万円)
・500C 1.2 ポップ:243万円(同239万円)
・500C ツインエア ラウンジ:284万円(同279万円)

(webCG)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記