「フィアット500」全車にメンテナンスプログラム

2012.10.25 自動車ニュース
「500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

「フィアット500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

フィアット クライスラー ジャパンは、2012年11月1日から「フィアット500」の全車にメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」標準付帯する。


「500」全車にメンテナンスプログラムを標準付帯

「フィアット イージー ケア」とは、新車購入後1年目と2年目の定期点検、および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行うメンテナンスプログラムのこと。これまでは新車購入契約時に別途6万8000円の契約料を支払う必要があったが、2012年11月1日から「フィアット500」全車に標準で付帯される。

また今回、2気筒エンジンを搭載する「ツインエア」モデルについては、充電のタイミングを最適化する「スマートオルタネーター」を装着して燃費(10・15モード)が0.5km/リッター向上させる。
さらに、上級グレードの「500ツインエア ラウンジ」には、これまで設定がなかったブラックのインテリアと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入する。

新価格は以下のとおり。全モデルで4万円〜5万円値上げされる。

・500 1.2 ポップ:199万円(旧価格は195万円)
・500ツインエア ポップ:220万円(同215万円)
・500ツインエア ラウンジ:250万円(同245万円)
・500C 1.2 ポップ:243万円(同239万円)
・500C ツインエア ラウンジ:284万円(同279万円)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る