クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4340×1800×1290mm/ホイールベース=2415mm/車重=1370kg/駆動方式=MR/2.9リッター水平対向6DOHC24バルブ(255ps/6400rpm、29.5kgm/4400-6000rpm)/価格=608万円(テスト車=656万9000円/バイキセノンヘッドライト=27万6000円/シートヒーター=7万4000円/スポーツシート=8万1000円/ウィンドディフレクター=5万8000円)

ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)【試乗記】

頼れる兄貴 2009.09.16 試乗記 ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)
……656万9000円
スポーツカーって女性に冷たそうだけど、ホントのところはどうなの? ポルシェのエントリーモデル、素の「ボクスター」にスーザン史子が試乗した。

自分を解放して

初めて運転するクルマとの出会いは、パーティで突然人を紹介された時のような高揚感と、とまどいとが同時にやってくる。しかも、目の前に現れたのはスピードイエローのボクスター、かなりのイケメン。さて、どう応対したら……、なんて迷っていると、右折交差点の真ん中でうっかりエンスト! タハ〜。愛車とはクラッチのミートポジションが違う。でもこんなのは、うっかりワイングラスを倒してしまったようなもの。お近づきのためのご愛嬌かもね。

少しとっつきづらいかも、と思ったボクスター君。でも、会話は思いのほか盛り上がった。スポッと手に収まる球型のシフトノブに、太すぎないハンドルは、女性の手にも充分馴染む優しさを持っている。

ギアチェンジの“カチッ”という音とともに、タコメーターの針が上下動を繰り返すと、エグゾーストノートが呼応する。空冷ならではの乾燥した破裂音とは違い、口を尖らせ唇を震わすような、低くウェットな吐息。シートやハンドルから伝わる鼓動と合わさって、頭の中にはこんな映像が浮かんでくる。大きなボールの中に、角切りにしたフルーツやクリームを入れて、電動泡立て器を当てる。するとフルーツの角が取れて、クリーム状に溶け合っていく。これがボクスターの水冷式水平対向6気筒エンジンの感触。その中にいる私との不思議な一体感。「大丈夫。もっと自分を解放してごらん」。促されるままに、徐々にアクセルを踏み増していくと、彼は突然私を抱き寄せたように感じた。「もっといける」。その確信が私をよりアクティブにさせる。

親しみやすいスポーツカー

「ポルシェ・ボクスター」は、2008年の11月にマイナーチェンジを受けた。エンジンは新型となり、排気量は2.7リッターから2.9リッターへと拡大し、最高出力も10psアップしている。ボディはワインで言うフルボディ。剛性が高く、エキスが凝縮されている印象だ。でもアクセルをベタ踏みしたところで、腰が抜けるほどの加速感を味わえるわけではない。むしろ自制具合が謙虚で、都会的なインテリジェンスを感じさせる。

コーナリングではミドシップならではの回頭性の良さがありながら、ストレートでは、ハンドルを切ろうとしても少々抵抗を感じるような重みがあり、圧倒的な安定感が得られる。とりわけ、私レベルの気まぐれで未熟な操作であっても、安全な走りへとエスコートしてくれるのがいい。それはポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)のおかげもあるのかな? この優秀な頭脳がポルシェ・ボクスターというスポーツカーを、誰にでもわけ隔てなく親しみやすいものにしている。

トランスミッションには6段MTのほか、動力伝達ロスを極力抑え、すばやいギアチェンジを可能にしたポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)が用意されている。PDK搭載モデルでは、ハンドルを握り、ペダル操作をする以外にやることは何もないと思えるほど、メカとしての完成度が高い。以前よりもさらにスキのない、マメ男になったという印象だ。でも私なら、やはりMTを選びたい。徹底的に尽くされるのも悪くないが、相手がスポーツカーだからこそ、自分のワガママを通して振り回してみたいという欲望に駆られるから。

何をやっても大丈夫

電動ソフトトップを開け、窓を全開にすると、夏の暖かい風が草いきれとともに勢いよく吹き抜け、セミの鳴き声が車内に響き渡る。目線は青々と実る麦の穂と同じぐらいの高さ。サイドウィンドウを上まで閉めれば、巻き込みもまったくないが、あえてすべてを開放してしまう。すると、植物のような光合成を求めて、何もかも脱ぎ捨てたい衝動に駆られる。まばゆいほどの太陽と風の中にあっては、人間もまた、植物と同じ、地球上の生命なんだと感じることができる。

ボディがゆるゆるの愛車「フィアット・バルケッタ」を人にたとえるなら、年下の彼氏のような存在だ。少しスピードを出すと「ねえ、ちょっと大丈夫!?」なんて、つい心配になってしまう。それに比べ、ボクスターはまったく怖くない。怖いどころか、彼に対しては何をやっても大丈夫という安心感がある。くすぐったり、たまにすねてみたり、ワガママを言っても「フフ、しょうがないな」とあしらってくれるような、包容力に溢れている。まるで、うんと歳の離れた兄貴のようだ。
彼は私を見守りつつ、必要なときにはアドバイスをくれる。だから、何かに迷い立ち止まったときに、このクルマに乗れば、おのずと答えが見つかるような気がする。自然体で運転するだけでいい。ボクスター君は、そんな懐の深さもあるマメ男なのだった。

(文=スーザン史子/写真=荒川正幸/撮影協力=東京ドイツ村)


ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)【試乗記】の画像 拡大
前後に荷室が備わるボクスター。フロントは約150リッター、リア側は幌の開閉にかかわらず約130リッターを確保。これなら荷物が多い女性でも安心して使える。
前後に荷室が備わるボクスター。フロントは約150リッター、リア側は幌の開閉にかかわらず約130リッターを確保。これなら荷物が多い女性でも安心して使える。 拡大

ポルシェ・ボクスター(MR/6MT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ボクスターポルシェ試乗記

あなたにおすすめの記事